検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 1人の作曲家の521曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。(寄付大歓迎)
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

お正月に聴きたい曲特集はこちら

更新情報・お知らせ

2019-04-10
♪ チャイコフスキー:「交響曲 第6番「悲愴」 第1楽章」11年ぶりに音源変更して再演奏し、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50ee4
2019-03-09
♪ W.A.Mozart:「クラリネット協奏曲 第一楽章」再演奏してリミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f5b4
2019-03-02
♪ W.A.Mozart:歌劇「フィガロの結婚」序曲、再構築、再演奏してリミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f5ed
2019-02-17
♪ ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」(リムスキー=コルサコフ改訂版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fa9d
2019-02-07
♪ ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より「キエフの大門」(ラヴェルの管弦楽編曲版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fd81
2019-01-26
♪ ビゼー「アルルの女 第2組曲より、第4曲 ファランドール」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e027
2019-01-14
♪ モーリス・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4ff80
2019-01-04
♪ ボロディン:交響詩「中央アジアの高原にて」、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e060
2018-12-30
♪ J.S.バッハ:『G線上のアリア』 、再演奏、リミックスしました。
第1ヴァイオリンを1オクターブ下げてみました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d6cb
2018-12-24
♪ 521曲目、ベートーヴェン、ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第2番ヘ長調 作品50「Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50」新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD5c209832977ba

楽曲リスト検索

演奏中の楽曲:「ドヴォルザーク」 (13) リセット

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.8 3. Allegro grazioso-Molto vivac
ヴァイオリンで始まる美しいメロディーは3拍子の舞曲で、スケルツォではなくワルツ風になっている。
中間部の旋律は、歌劇「がんこな連中」からとられたものであり、全曲の中で最も有名な楽章。

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.8 2.Adagio
ハ短調、三部形式。中ほどに激しく感情的な部分があり、最後は静かに終わる。中間部は長調に転じ、コーダで中間部が回想される。

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : String Quartet No.12 AMERICAN op.96
1893年5月に交響曲第9番「新世界より」を書き上げ、アメリカでの最初の夏期休暇中に、友人一家が演奏するために、わずかな期間(2週間程度)で完成させた曲。ドヴォルザークの室内楽作品中最も親しまれている作品のひとつである。

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Slavic dance No.10
元はピアノ連弾のために書かれたが、ドヴォルザーク自身によって全曲が管弦楽用に編曲された。各8曲からなる第1集作品46と第2集作品72がある。この第10番は第2集の2曲目で、アレグレット・グラツィオーソ ホ短調 8分の3拍子。哀愁を帯びたメロディーが魅力的。

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.9-3 Op.95
- - - - -

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.9-1 Op.88
- - - - -

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Humoresque No1
ヴィヴァーチェ(変ホ短調)

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Songs My Mother Taught Me
ドヴォルジャークの歌曲の中では最も有名で、フリッツ・クライスラーが、《ユーモレスク 変ト長調》《遠き山に日は落ちて》《スラヴ舞曲 ホ短調》と同じくヴァイオリンとピアノのために編曲したことによって、いっそう有名になった。

歌詞
母がこの歌を教えてくれたあの日、
母は涙を浮かべていた。
今、子供にこの歌を教える私の目から、
涙が溢れ出す。

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.9-2 Op.88
- - - - -

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.8 1.Allegro con brio
ドボルザークは最近はドヴォルジャークとも表記される。ボヘミア的な、のどかで明るい田園的な印象が特徴的。

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Humoresque No7 Op.101
「8つのユモレスク」の中でも、この第7曲にあたる曲が、もっともポピュラー。
ポコ・レント・エ・グラツィオーソ(変ト長調)

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.9-4 Op.95
- - - - -

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.8 4.Allegro ma non troppo
トランペットによるファンファーレの導入のあと、チェロによって主題が静かにゆっくりと提示される。次は力強く速く変奏され、主題を元に激しく展開し、輝かしいコーダに入る。通常の二管編成:Fl.2、Ob.2、Cla.2、Fg.2、Hr.4、Tp.2、Tb.3、Tu1、Timp、Str5