検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 1人の作曲家の521曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。(寄付大歓迎)
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

お正月に聴きたい曲特集はこちら

更新情報・お知らせ

2019-04-10
♪ チャイコフスキー:「交響曲 第6番「悲愴」 第1楽章」11年ぶりに音源変更して再演奏し、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50ee4
2019-03-09
♪ W.A.Mozart:「クラリネット協奏曲 第一楽章」再演奏してリミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f5b4
2019-03-02
♪ W.A.Mozart:歌劇「フィガロの結婚」序曲、再構築、再演奏してリミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f5ed
2019-02-17
♪ ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」(リムスキー=コルサコフ改訂版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fa9d
2019-02-07
♪ ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より「キエフの大門」(ラヴェルの管弦楽編曲版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fd81
2019-01-26
♪ ビゼー「アルルの女 第2組曲より、第4曲 ファランドール」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e027
2019-01-14
♪ モーリス・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4ff80
2019-01-04
♪ ボロディン:交響詩「中央アジアの高原にて」、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e060
2018-12-30
♪ J.S.バッハ:『G線上のアリア』 、再演奏、リミックスしました。
第1ヴァイオリンを1オクターブ下げてみました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d6cb
2018-12-24
♪ 521曲目、ベートーヴェン、ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第2番ヘ長調 作品50「Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50」新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD5c209832977ba

楽曲リスト検索

演奏中の楽曲:「プロコフィエフ」 (28) リセット

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf birds and cats can run away
そして次は他の獲物....猫は木の上、小鳥も猫の近くに。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf birds and ducks Kano Ken
「君は鳥のくせに飛べないのかい」と言いました。アヒルは「君は鳥のくせに泳げないのかい」と答えて池の中に飛び込みました。アヒルは泳ぎながら、小鳥は岸を飛び回りながら言い争いました。
ふと、ピータが気づいたとき、一匹の猫が草の上を這って行きます。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf ducks came
そこへアヒルがよちよち歩いてきました。アヒルは野原の深い池で気持ちよく泳ぎをしようと思っています。
アヒルを見て小鳥は草の上に飛び降りアヒルのそばに来て肩をそびやかし...

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Peter mount the trap
その間に、ピーターは罠を作って下へ降ろします。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Stalking the cat
猫は考えました。「鳥はけんかに夢中だな、うまく捕まえてやろう」、柔らかい足でそろそろと忍び寄ります。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Romeo and Juliet Op.64tar
組曲第2番の1番目の曲。1937年4月15日、レニングラードで作曲者の指揮により初演され、現在でもこの第2番が一番多くコンサートで演奏される。ソフトバンクのCMなどで使われた。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf bird friend
大きな木の枝に、友達の小鳥がとまっていました。「何て静かでしょう」と小鳥は元気にさえずります。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Do not shoot! Wolf to the zoo
ピーターは叫びました。「撃たないでください、僕と小鳥さんが狼を捕らえました。さあ、これを動物園に送りましょう。」
そして.......

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf vic following wolf
そして狼は、よく深そうな目つきで木の周りを回っています。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf offending wolf、 a department of birds
小鳥は、さんざん狼を怒らせました、狼は夢中になって追いかけますが、小鳥は利口ですからどうしても捕まりません。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf ducks gulp wolf
狼はだんだんアヒルに近づいてきて、アヒルを捕まえ、一口に飲み込んでしまいました。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf into the house
しかし、おじいさんはピーターの手を取って家に連れ帰り、門の鍵をかけました。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Peter is a fine
ピーターは平気です。狼なんか怖くないから。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf attacked by a cat
「あぶない!」ピーターは叫びました。小鳥はすぐに木の上に飛び上がりました。池の中でアヒルが猫に向かってガアガア怒ります。猫は木の周りを回りながら考えました、「のぼって行っても無駄かな...」

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf cats run away
あっ、言う間に猫は木に登りました。アヒルは叫び声を上げ慌てて池から飛び出しました。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Introduction
ピーター(弦楽合奏)、お祖父さん(ファゴット)、小鳥(フルート)、アヒル(オーボエ)、猫(クラリネット)、狼(3本のホルン)、猟師の撃つ鉄砲(ティンパニやバスドラム)&ナレーター

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Wolf is in the hands of hunter
ピーターは、勝ちどきの行進曲を、思い浮かべました。
ピーターの後ろから、狩人達が狼を連れて歩いて行きます。行列の最後に、おじいさんと猫がいます。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf old man came
おじいさんが来ました。ピーターが野原に出て行ったので怒っています。
「野原は危ない。もし森の中から狼が出てきたらどうするのだ」

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf hunters who came
狩人達が森からやってきました。狼の後をつけて鉄砲を撃ちながらやって来たのです。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf The rash man worried
おじいさんは不機嫌そうに頭を振りつつ「ふ〜!もしピーターが狼を捕まえなかったら一体どうなったんだろう」

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf From wolves in the forest
ピーター達が帰ったすぐ後に、大きな狼が森の中から出てきました。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Trapped wolves struggle
狼のしっぽを引っ掛けて力一杯引きます。狼は罠から抜けようとして乱暴に飛び跳ねます。
狼が飛び跳ねると、ますます強くしっぽが締め付けられます。ちょうどその時.......

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf bird teasing the wolf
小鳥は狼の頭すれすれに飛び回り、狼は怒って小鳥に噛みつこうとします。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf ducks from the belly of a wolf ...
もしも誰かが注意深く聴くなら、狼の腹の中でアヒルが鳴くのが聞こえるだろう。
狼があわてて生きたまま飲み込んだのだから.......(終わり)

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Bird Peter and strategies
ピーターは、門の後ろで、この有様を見ていました。
ピーターは走って家から大きな縄を持って来て、高い石の塀に上りました。
狼のいる木の枝が一つ塀の上に届いています、その枝をつかまえてピーターは身軽に木に上り、小鳥に言いました。
「狼に捕まらないように頭の周りを飛び回りなさい」

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf wolves aiming duck
しかし、いくらアヒルが急いで走っても狼から逃げられません。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Peter appeared in
ある朝早く、ピーターは門を開けて広い青い野原に出て行きました。

プロコフィエフ
Sergey Prokofiev : Peter and Wolf Everyone victory parade
一同の頭の上では小鳥が楽しそうにさえずっています。
「どうだ、ピーターと僕はすばらしいだろう、二人の獲物を見てくれ」