検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 1人の作曲家の521曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。(寄付大歓迎)
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

お正月に聴きたい曲特集はこちら

更新情報・お知らせ

2019-01-14
♪ モーリス・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」音源変更して更新しました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4ff80
2019-01-04
♪ ボロディン:交響詩「中央アジアの高原にて」、再演奏、リミックスしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e060
2018-12-30
♪ J.S.バッハ:『G線上のアリア』 、再演奏、リミックスしました。
第1ヴァイオリンを1オクターブ下げてみました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d6cb
2018-12-24
♪ 521曲目、ベートーヴェン、ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第2番ヘ長調 作品50「Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50」新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD5c209832977ba
2018-12-17
♪ Raiders: (Soundtrack cover)、再演奏、リミックスしました。
メイキングの動画はこちら。
https://youtu.be/dg-HpS8HWvI
----------------------------------------------
//music.i-dur.com/?MD573ada6d518a8
2018-12-13
♪ チャイコフスキー:『くるみ割り人形』より第8曲 花のワルツ(Valse des fleurs) 、再演奏、リミックスしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50d1e
2018-12-13
♪ チャイコフスキー:『くるみ割り人形』より第2曲 行進曲 (Marche)、再演奏、リミックスしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50bc9
2018-09-02
♪ ブラームス:大学祝典序曲(Academic Festival Overture)
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d52071
2018-01-13
♪ ショスタコーヴィチ:祝典序曲(Festive Overture Op.96)
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d506aa
2018-01-01
♪ シベリウス:交響詩 フィンランディア 作品26、
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d52b26

楽曲リスト検索

演奏中の楽曲:「ショパン」 (13) リセット

ショパン
Fryderik Chopin : Nocturne No2. Op.9-2
ショパンが生涯愛用していたピアノのメーカーである「プレイエル社」社長カミーユ・プレイエルの妻マリーに献呈。ショパンのノクターンとしては最もよく知られた曲である。
浅田真央のソチ五輪のショートプログラムのテーマ曲。
2006-2007シーズンのショートプログラム及び2013-2014シーズンのショートプログラムでも使用。

ショパン
Fryderik Chopin : Nocturne No2 Swing version
- - - - -

ショパン
Fryderik Chopin : Valse du Petit Chien Op.64-1
ショパンの恋人であったジョルジュ・サンドが飼っていた子犬が、自分の尻尾を追ってぐるぐる回る様子を音楽で描写して欲しいと頼まれ、即興的に作曲されたものといわれている。

ショパン
Fryderik Chopin : Revolution Op.10.12
- - - - -

ショパン
Fryderik Chopin : Fantaisie-Impromptu Op.66
- - - - -

ショパン
Fryderik Chopin : Polonaise No.6 Op.53
- - - - -

ショパン
Fryderik Chopin : Prelude No.7 Op.28-7
- - - - -

ショパン
Fryderik Chopin : 24 Preludes、 Op.28 15、 Sostenuto in Db Raindrop
24の前奏曲集の中でも、最も有名な曲のひとつで「ショパン名曲集」の定番、この曲は24曲中最も演奏時間が長い。全曲を通して一定のリズムで刻まれる 音から、「雨だれの前奏曲」として知られている。
変ニ長調、ソステヌート、4分の4拍子。

ショパン
Fryderik Chopin : Grande Valse Brellante Op.18
- - - - -

ショパン
Fryderik Chopin : Waltz Op.64.2
- - - - -

ショパン
Fryderik Chopin : Ballade No. 1 Op.23 g moll
ショパン最初のバラードで、初期の代表作。
「バラード」は、ショパンがピアノ作品に初めて用いた名称、序奏・主題の拍子は4分の6拍子、形式はソナタ形式の自由な変形。
フィギュアスケートの羽生結弦選手が2014年のプログラムでこの曲をジェフリー・バトルの振り付けで使用した。

ショパン
Fryderik Chopin : Piano Concert No1-1 Op.11
ショパンは、この曲を自信作だとみなし実際は2番目に作られたが、第1番とした。番号付けが廃され、単に『協奏曲ホ短調』とする事もある。現在の楽譜は出版社が複数の音楽家にオーケストレーションされた可能性が高いと言われている。第1楽章は、ホ短調 4/3拍子。マズルカ風の第1主題とポロネーズ風の副主題、第2主題が奏された後、独奏ピアノが登場する。コーダで技巧上クライマックスとなる。

ショパン
Fryderik Chopin : Piano Concert No1-3 Op.11
- - - - -