検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 12人の作曲家の520曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。(寄付大歓迎)
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

年末年始に聴きたい曲特集はこちら

更新情報・お知らせ

2018-01-13
♪ ショスタコーヴィチ:祝典序曲(Festive Overture Op.96)
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d506aa
2018-01-01
♪ シベリウス:交響詩 フィンランディア 作品26、
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d52b26
2017-12-26
年末年始に聴きたい曲を集めた特集やってます。
https://music.i-dur.com/?tg=NewYear#ml
2017-12-10
♪ シューベルト:ピアノ五重奏曲 D667:第4楽章『鱒』による変奏曲、
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50600
2017-10-16
♪ シューベルト:交響曲第8番ロ短調「未完成」第1楽章
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d505c6
2017-07-01
♪ ドヴォルザーク:交響曲第8番より第3楽章「Allegro grazioso-Molto vivace」
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e7bc
2017-06-17
♪ 520曲目、ベートーヴェン、「交響曲第8番 作品93」より第1楽章、Allegro vivace e con brio 4分の3拍子。新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD5944d2bcae2fa
2017-05-07
♪ 519曲目、ベートーヴェン、「交響曲第4番 Op.60」より第1楽章、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD590ea8a68a71e
2017-04-08
♪ 516曲目、ジャン・シベリウス、「組曲「カレリア」Op.11」より第3曲:行進曲風に(アラ・マルチャ)、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD58e88435abeef
2017-03-19
♪ 515曲目、アントニン・ドヴォルザーク、「8つのユモレスク」より第1番 、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD58ce54accd5b0

楽曲リスト検索

演奏中の楽曲:「エレガント」 (15) リセット

ストラヴィンスキー
Igor Fyodorovitch Stravinsky : The Firebird 4. Round Dance of the Princesses
魔王に捕らわれた王女たちが、黄金のリンゴの木の周りで踊っている。
王女の1人、ツァレーヴナと恋に落ちたイワンは、魔王に捕まると石にされてしまう事、夜明けまでに宮殿に帰らねばならない事を告げられる。そして夜が明け始め、女たちの姿は遠ざかりイワンは宮殿への潜入を試みる。
曲中、オーボエで演奏されるメロディーは、ホロヴォードと呼ばれる古いロシア舞曲。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Sleeping Beauty Op.66 Waltz
チャイコフスキーのバレエ音楽の中で最も演奏時間が長い。ディズニー映画としても有名。
ヨーロッパの古い民話・童話、さまざまなストーリーパターンがある。
「眠れる森の美女」オーロラ姫に呪いをかけた邪悪な妖精マレフィセントを主人公とするダークファンタジー。
2014年7月5日公開予定のディズニーアニメの実写版ではマレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じ、彼女の封印された過去とオーロラ姫を永遠の眠りにつかせる呪いをかけた理由が明かされる。

ヴィットーリオ・モンティ
Vittorio Monti : Czardas
元々マンドリンのために書かれた曲であるが、ヴァイオリンやピアノ向けに編曲されたものが有名。ハンガリー音楽のひとつのジャンルで、「酒場風」という意味。

エリック・サティ
Erik Satie : Je te veux Piano solo version
ピアノ独奏ヴァージョン。歌詞はアンリ・パコーリによる。歌曲集『ワルツと喫茶店の音楽』のうちの1曲とされている。

I want Jesus to walk with me
all along my pilgrim journey.
I want Jesus to walk with me.
when my heart within is aching.
I want Jesus to walk with me.

ストラヴィンスキー
Igor Fyodorovitch Stravinsky : The Firebird 2. The Firebird & Its Dance
ヴァイオリンとヴィオラのスフォルツァート(sfz)で雰囲気は一変する。木管郡が細かい動きで跳ね回るヴァリアシオン(ソロの踊り)となる。

リロイ・アンダーソン
Leroy Anderson : Waltsing Cat
- - - - -

ブラームス
Johannes Brahms : Clarinet Quintet 1st Mov. op.115
ブラームスの晩年に完成された、代表的な室内楽曲の1つ。歌曲的な雰囲気に満ちたハーモニーとメロディ、柔軟な旋律線のすべてをクラリネットが担当し、これが橋渡しとなって展開部へ進む。

スコット・ジョプリン
Scott Joplin : The Entertainer
「ラグタイム・トゥー・ステップ」(A rag time two step)という副題がつけられている。これは1911年頃に流行したダンスの一種で、当時作られたラグタイム曲に良く用いられていた。
1973年のアカデミー賞受賞映画『スティング』のテーマ曲として使用されたことをきっかけに、1970年代のラグタイム復興の一端を担うこととなった。

バッハ
Johann Sebastian Bach : Konzert a-Moll fur Flauto traverso, Violine und Cembalo Adagio
アダージョ・マ・ノン・タント・エ・ドルチェ ハ長調、8分の6拍子。
オーケストラは休みで、3つの独奏楽器がカノンのように絡み合う。穏やかで慈しみに満ちた緩徐楽章。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Violin Sonata No.5-1. Allegro Spring Op.24
明るさと幸福感にあふれたこの曲は、「スプリングソナタ(春)」という愛称で親しまれている大変有名な曲である。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Trio for Piano, Violin and Cello No. 7 in B Major Archduke mov.1
ピアノとヴァイオリン、チェロの為の三重奏曲、変ロ長調、ソナタ形式、4分の4拍子。
優雅さと堂々とした気品がある曲想で、ピアノ三重奏団には必須のレパートリーとなっている。
アマチュア・ピアニストとしては相当の腕前の「ルドルフ大公」に1811年に献呈された曲。

映画音楽
Movie music : I’m dreaming of a white Christmas
- - - - -

アルビノーニ
Tomaso Giovanni Albinoni : Adagio in G minor
弦楽合奏とオルガンのための楽曲、弦楽合奏のみでも演奏される。
この作品は、トマゾ・アルビノーニの『ソナタ ト短調』の断片に基づく編曲と推測され、イタリアの音楽学者、レモ・ジャゾットが、アルビノーニの自筆譜の断片を編曲したと称して出版した。ジャゾットは、自分は編曲したのであって、作曲したのではないと言い張ったが、現在では完全なジャゾットの創作であると言われている。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Piano Sonata No20 1st Mvmt. Allegro ma non troppo
元々の題名は「2つのやさしいソナタ」で、2楽章の形式から、しばしばソナチネとされる。
この作品は弟子のために書かれ、それを経済面などやむを得ない事情により出版したものと考えられる。題名通り演奏も容易であり、日本でも初歩の教材として頻繁に取り上げられ、有名である。

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart : Concert Rondo Allegro
1781年に作曲された単一のロンド楽章。
独奏部分は完成しているが、伴奏部分のスコアは未完成部分が多い。1989年、長い間紛失していた中間部の60小節の自筆譜が発見され、この曲の本来の姿がようやく判明したが正式なスコアを見つけるのは難しい。それ以前は、この部分を欠落させたまま補筆・録音されていた。「協奏風ロンド」、「コンサートロンド」などと呼ぶ場合もある。