検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 4人の作曲家の520曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。(寄付大歓迎)
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

年末年始に聴きたい曲特集はこちら

更新情報・お知らせ

2018-09-02
♪ ブラームス:大学祝典序曲(Academic Festival Overture)
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d52071
2018-01-13
♪ ショスタコーヴィチ:祝典序曲(Festive Overture Op.96)
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d506aa
2018-01-01
♪ シベリウス:交響詩 フィンランディア 作品26、
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d52b26
2017-12-26
年末年始に聴きたい曲を集めた特集やってます。
https://music.i-dur.com/?tg=NewYear#ml
2017-12-10
♪ シューベルト:ピアノ五重奏曲 D667:第4楽章『鱒』による変奏曲、
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50600
2017-10-16
♪ シューベルト:交響曲第8番ロ短調「未完成」第1楽章
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d505c6
2017-07-01
♪ ドヴォルザーク:交響曲第8番より第3楽章「Allegro grazioso-Molto vivace」
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e7bc
2017-06-17
♪ 520曲目、ベートーヴェン、「交響曲第8番 作品93」より第1楽章、Allegro vivace e con brio 4分の3拍子。新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD5944d2bcae2fa
2017-05-07
♪ 519曲目、ベートーヴェン、「交響曲第4番 Op.60」より第1楽章、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD590ea8a68a71e
2017-04-08
♪ 516曲目、ジャン・シベリウス、「組曲「カレリア」Op.11」より第3曲:行進曲風に(アラ・マルチャ)、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
//music.i-dur.com/?uk=MD58e88435abeef

楽曲リスト検索

演奏中の楽曲:「不安」 (4) リセット

ムソルグスキー
Modest Petrovich Mussorgsky : Night on the Bare Mountain
- - - - -

ショパン
Fryderik Chopin : Ballade No. 1 Op.23 g moll
ショパン最初のバラードで、初期の代表作。
「バラード」は、ショパンがピアノ作品に初めて用いた名称、序奏・主題の拍子は4分の6拍子、形式はソナタ形式の自由な変形。
フィギュアスケートの羽生結弦選手が2014年のプログラムでこの曲をジェフリー・バトルの振り付けで使用した。

ヴィヴァルディ
Antonio Vivaldi : The Four Seasons-summer-3 RV.315
「夏の嵐」
ああ、彼の心配は現実となってしまった。上空の雷鳴と雹(ひょう)が誇らしげに伸びている穀物を打ち倒した。

ラフマニノフ
Sergey Rachmaninov : Scherzo for Orchestra in D minor
ラフマニノフの現存する作品の中で、最も初期の管弦楽曲
まだ14歳の少年であった1887年頃書かれた。その頃彼はピアノクラスで勉強していて、和声と管弦楽の課程はまだ修了していなかった。素朴なあじわいで、どことなく東洋風であり、まるでロシア国民楽派の作品のようである。譜面には「第3楽章」と記入されていることから、より大規模な作品にするつもりだったことが伺われる。