検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 12人の作曲家の521曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。(寄付大歓迎)
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

お正月に聴きたい曲特集はこちら

更新情報・お知らせ

2019-02-17
♪ ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」(リムスキー=コルサコフ改訂版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fa9d
2019-02-07
♪ ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より「キエフの大門」(ラヴェルの管弦楽編曲版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fd81
2019-01-26
♪ ビゼー「アルルの女 第2組曲より、第4曲 ファランドール」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e027
2019-01-14
♪ モーリス・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4ff80
2019-01-04
♪ ボロディン:交響詩「中央アジアの高原にて」、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e060
2018-12-30
♪ J.S.バッハ:『G線上のアリア』 、再演奏、リミックスしました。
第1ヴァイオリンを1オクターブ下げてみました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d6cb
2018-12-24
♪ 521曲目、ベートーヴェン、ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第2番ヘ長調 作品50「Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50」新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD5c209832977ba
2018-12-17
♪ Raiders: (Soundtrack cover)、再演奏、リミックスしました。メイキングの動画はこちら。
https://youtu.be/dg-HpS8HWvI
https://music.i-dur.com/?MD573ada6d518a8
2018-12-13
♪ チャイコフスキー:『くるみ割り人形』より第8曲 花のワルツ(Valse des fleurs) 、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50d1e
2018-12-13
♪ チャイコフスキー:『くるみ割り人形』より第2曲 行進曲 (Marche)、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50bc9

楽曲リスト検索

演奏中の楽曲:「美しい」 (15) リセット

ブラームス
Johannes Brahms : Symphony No.4-1 Op.98
ホ短調。2/2拍子。ソナタ形式
哀切な表情を持ったヴァイオリンの旋律と、管楽器の三連音を含むリズミックな楽句に続いてチェロとホルンが伸びやかに第2主題的なメロディーを歌う、後に三連音の動機を繰り返しながら悲劇的に第1主題がカノン風に現れ、アーメン終止的に終わる。

バッハ
Johann Sebastian Bach : Suite No.3 II.Air Air on G-String
G線上のアリアは、「管弦楽組曲第3番」のうち、「アリア」楽章に付けられた愛称、19世紀後半にアウグスト・ウィルヘルミが、ニ長調からハ長調に移調させた際、バイオリンのG線のみで演奏できることに気づいたことから付けられた。結婚式や卒業式、映像作品などのBGMやサンプリング素材としてよく使われている。
※第一ヴァイオリンをオクターブ下げてみました。

シューベルト
Franz Peter Schubert : Symphony No.8-2 Unfinished
ホ長調、8分の3拍子。三部形式。穏やかな下降音階の第1主題が提示される。コーダでは、シューベルトが好んで用いた三度転調により一時変イ長調に転調する。
この第2楽章まで完成させ、スケルツォ(第3楽章)をスケッチまでほぼ仕上げながら、そこで作曲を中止してしまった。このような経緯により交響曲ロ短調D759は、第2楽章までしかない未完成交響曲となってしまった。「シューベルトは、第2楽章までのままでも十分に芸術的であると判断し、それ以上のつけたしは蛇足に過ぎないと考えた」という説などがある。

マスネ
Jules Massenet : Meditation from Thais
歌劇「タイス」(1894年初演)の第2幕第1場と第2場の間の間奏曲。その甘美なメロディーによって広く知られている。
本来はオーケストラと独奏楽器(ヴァイオリン)の形であるが、室内楽編曲も多い。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50
1798年に作曲されたヴァイオリンと管弦楽のための楽曲。
楽器編成は、独奏ヴァイオリン、フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン(F管)2、弦五部。
ロンド形式による優美な小品

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.8 3. Allegro grazioso-Molto vivac
ヴァイオリンで始まる美しいメロディーは3拍子の舞曲で、スケルツォではなくワルツ風になっている。
中間部の旋律は、歌劇「がんこな連中」からとられたものであり、全曲の中で最も有名な楽章。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Violin Concerto 2nd mov. Canzonet Andante
序奏は、管楽器だけで始まり、ソロヴァイオリンが愁いに満ちた美しい第1主題を演奏する。第2主題は明るく動きのある主題で独奏が行われ第1主題に回帰し、最後はオーケストラだけになり、第3楽章に切れ目なく進む。
使用された主題にはロシア風のものが多く、特に第2楽章カンツォネッタの旋律は、彼の真骨頂ともいえる美しさだと思う。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : String Quartet No. 9 No.3(Rasumovsky)Op. 59
Menuetto、Grazioso
ラズモフスキー伯爵の依頼によって弦楽四重奏曲の依頼を受け作曲された弦楽四重奏曲は、
ラズモフスキー四重奏曲としてOp.59として出版された。
この曲はその3曲のうちの3番目の曲の3楽章。

リヒャルト・シュトラウス
Richard Strauss : Morgen!
新婚の妻パウリーネのために、1894年に書かれた4つの歌曲の締めくくりに位置する。シュトラウスの作品のなかでも特にロマンティックなものの一つとされ、知名度も高い。簡素ながら、非常に繊細な美しさを持った作品。

ポンキエルリ
Amilcare Ponchielli : Dance Of The Hours (latter half)
急にアップテンポに変わり軽快なリズムとともに終わる。

ヴィヴァルディ
Antonio Vivaldi : The Four Seasons-spring-3 RV.269
- - - - -

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Songs My Mother Taught Me
ドヴォルジャークの歌曲の中では最も有名で、フリッツ・クライスラーが、《ユーモレスク 変ト長調》《遠き山に日は落ちて》《スラヴ舞曲 ホ短調》と同じくヴァイオリンとピアノのために編曲したことによって、いっそう有名になった。

歌詞
母がこの歌を教えてくれたあの日、
母は涙を浮かべていた。
今、子供にこの歌を教える私の目から、
涙が溢れ出す。

ショパン
Fryderik Chopin : Nocturne No2. Op.9-2
ショパンが生涯愛用していたピアノのメーカーである「プレイエル社」社長カミーユ・プレイエルの妻マリーに献呈。ショパンのノクターンとしては最もよく知られた曲である。
浅田真央のソチ五輪のショートプログラムのテーマ曲。
2006-2007シーズンのショートプログラム及び2013-2014シーズンのショートプログラムでも使用。

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Slavic dance No.10
元はピアノ連弾のために書かれたが、ドヴォルザーク自身によって全曲が管弦楽用に編曲された。各8曲からなる第1集作品46と第2集作品72がある。この第10番は第2集の2曲目で、アレグレット・グラツィオーソ ホ短調 8分の3拍子。哀愁を帯びたメロディーが魅力的。

クライスラー
Fritz Kreisler : Schon Rosmarin
ヴァイオリンとピアノのための小作品。
甘美な旋律で始まり、中間部には愛らしい清楚なメロディー。主題は、主和音アルペジョと半音階のスピカートを組み合わせた軽快なもの。中間には、ヘミオラを活用してリズムに変化をつける。また、主題は、特段変奏もなく数回繰り返されており、時間調整も容易。リサイタル最後のアンコールピースとしてよく用いられる。
※ロスマリンとは、ローズマリーの事で、愛や貞節を象徴し、愛らしい女性の愛称ともなっている。