検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 4人の作曲家の521曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。(寄付大歓迎)
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

お正月に聴きたい曲特集はこちら

更新情報・お知らせ

2019-02-17
♪ ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」(リムスキー=コルサコフ改訂版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fa9d
2019-02-07
♪ ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より「キエフの大門」(ラヴェルの管弦楽編曲版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fd81
2019-01-26
♪ ビゼー「アルルの女 第2組曲より、第4曲 ファランドール」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e027
2019-01-14
♪ モーリス・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4ff80
2019-01-04
♪ ボロディン:交響詩「中央アジアの高原にて」、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e060
2018-12-30
♪ J.S.バッハ:『G線上のアリア』 、再演奏、リミックスしました。
第1ヴァイオリンを1オクターブ下げてみました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d6cb
2018-12-24
♪ 521曲目、ベートーヴェン、ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第2番ヘ長調 作品50「Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50」新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD5c209832977ba
2018-12-17
♪ Raiders: (Soundtrack cover)、再演奏、リミックスしました。メイキングの動画はこちら。
https://youtu.be/dg-HpS8HWvI
https://music.i-dur.com/?MD573ada6d518a8
2018-12-13
♪ チャイコフスキー:『くるみ割り人形』より第8曲 花のワルツ(Valse des fleurs) 、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50d1e
2018-12-13
♪ チャイコフスキー:『くるみ割り人形』より第2曲 行進曲 (Marche)、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50bc9

楽曲リスト検索

演奏中の楽曲:「貫禄」 (4) リセット

ショスタコーヴィチ
Dmitry Shostakovich : Festive Overture Op.96
ロシア革命37周年記念という、中途半端な記念日に、大至急仕上げてほしいとの劇場からの依頼で、わずか3日で仕上げたと言われている。
トランペットの明るく華やかなファンファーレで始まり、軽快で早い旋律が、はじめクラリネットで主奏されヴァイオリンに引き継ぎ、次の主題をチェロとホルンが抒情的に歌い出す、やがてファンファーレが戻ると、賑々しいコーダに至る。吹奏楽用の編曲でも盛んに演奏されている。

シベリウス
Jean Sibelius : Finlandia
フィンランドが帝政ロシアの圧政に苦しめられていた1900年当時、独立運動が起こっていた頃、フィンランドに対する熱い愛国心を込めて作曲された名曲。中間部に出てくる「フィンランディア讃歌」はフィンランドの「第2の国歌」として親しまれているメロディで、独立して唱が付け加えられ歌われることもある。
映画「ダイ・ハード2」のエンディングに、この曲が使用されている。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Symphony No.9 Op.125 1. Allegro ma non troppo、 un poco maestoso
ニ短調 2/4拍子、ソナタ形式。第九
冒頭の弦楽器のトレモロにのせて第1主題の断片的な動機が提示される。第1主題は、ニ音とイ音による完全五度を骨格とした力強い主題であり、音楽に大きな律動感を与えている。第2主題部の導入部は、第4楽章で現れる「歓喜」の主題を予め暗示させるような効果を持つ。

ワーグナー
Wilhelm Richard Wagner : Die Meistersinger von Nurnberg
- - - - -