検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 3人の作曲家の521曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。(寄付大歓迎)
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

お正月に聴きたい曲特集はこちら

更新情報・お知らせ

2019-04-10
♪ チャイコフスキー:「交響曲 第6番「悲愴」 第1楽章」11年ぶりに音源変更して再演奏し、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50ee4
2019-03-09
♪ W.A.Mozart:「クラリネット協奏曲 第一楽章」再演奏してリミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f5b4
2019-03-02
♪ W.A.Mozart:歌劇「フィガロの結婚」序曲、再構築、再演奏してリミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f5ed
2019-02-17
♪ ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」(リムスキー=コルサコフ改訂版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fa9d
2019-02-07
♪ ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より「キエフの大門」(ラヴェルの管弦楽編曲版)、音源変更して、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4fd81
2019-01-26
♪ ビゼー「アルルの女 第2組曲より、第4曲 ファランドール」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e027
2019-01-14
♪ モーリス・ラヴェル「亡き王女のためのパヴァーヌ」音源変更して更新しました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4ff80
2019-01-04
♪ ボロディン:交響詩「中央アジアの高原にて」、再演奏、リミックスしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e060
2018-12-30
♪ J.S.バッハ:『G線上のアリア』 、再演奏、リミックスしました。
第1ヴァイオリンを1オクターブ下げてみました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d6cb
2018-12-24
♪ 521曲目、ベートーヴェン、ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第2番ヘ長調 作品50「Romance for Violin and Orchestra in F Major Op.50」新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD5c209832977ba

楽曲リスト検索

演奏中の楽曲:「陽気」 (7) リセット

ヨハン・シュトラウス2世
Johann Strauss II : Tritch Tratch Polka Op.214
- - - - -

リロイ・アンダーソン
Leroy Anderson : Sleigh Ride
オリジナルのオーケストラ用編成のほか、吹奏楽やJAZZバンド用など様々な編曲版があり、クリスマスシーズンにはそれらによっても多く演奏される。米国の作詞家ミッチェル・パリッシュにより英語の歌詞がつけられて、アンドリュー・シスターズやビング・クロスビー、ロネッツ、カーペンターズ、ベイビーフェイスら多くの歌手によっても歌われている。

ヨハン・シュトラウス2世
Johann Strauss II : Die Fledermaus Overture Op.367
『こうもり序曲(Die Fledermaus Overture)』は、1874年に初演された全三幕のオペレッタ(喜歌劇)「こうもり(Die Fledermaus)」で用いられる楽曲。数あるウィンナ・オペレッタの中でも最高峰とされる作品で、「オペレッタの王様」とも称される。

ヨハン・シュトラウス2世
Johann Strauss II : Thunder and lighting
- - - - -

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart : Concert Rondo Allegro
1781年に作曲された単一のロンド楽章。
独奏部分は完成しているが、伴奏部分のスコアは未完成部分が多い。1989年、長い間紛失していた中間部の60小節の自筆譜が発見され、この曲の本来の姿がようやく判明したが正式なスコアを見つけるのは難しい。それ以前は、この部分を欠落させたまま補筆・録音されていた。「協奏風ロンド」、「コンサートロンド」などと呼ぶ場合もある。

リロイ・アンダーソン
Leroy Anderson : The Typewriter
- - - - -

ヨハン・シュトラウス2世
Johann Strauss II : Wiener Blut
オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の娘ギーゼラとバイエルン公との結婚を祝して作曲された。後に同名のオペレッタが製作されている。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートでしばしば演奏される。