Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の521曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

検索結果 32/521)#楽しい ✖ 検索解除

PlaySousa:The Liberty Bell

スーザ 自由の鐘 Marche

スーザ(1854〜1932)

アメリカ

演奏機会の多い人気の曲で、ビル・クリントン大統領やブッシュ大統領、オバマ大統領などの就任式にもアメリカ海兵隊軍楽隊によって演奏されている。当初はオペレッタ「The Devils Deputy」のために作曲された楽曲だったが、オペレッタ自体が無くなりお蔵入りになったが、シカゴ・コロンブス万国博覧会で楽曲のタイトルを「自由の鐘」にする事を思いついた。 イギリスの伝説的コメディ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」でオープニング曲として使われた。

絞込みタグ:Sousa USA ロマン派音楽 行進曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 軽快 楽しい 明るい

PlayDukas:L’Apprenti Sorcier Scherzo

デュカス 交響詩「魔法使いの弟子」

デュカス(1865〜1935)

フランス

老いた魔法使いが若い見習いに雑用を言い残し、自分の工房を旅立つところから物語が始まる。 ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」に転用され、ミッキーマウスが「魔法使いの弟子」役を演技したことにより、いっそう有名になった。

絞込みタグ:Dukas France ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ 躍動 にぎやか 楽しい 気まぐれ かわいい

PlayW.A.Mozart:The Marriage of Figaro Overture K.V.492

モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

序曲(この曲)と全4幕からなるオペラ。 初演は、モーツァルトが30歳の時、1786年5月1日 ウィーン、ブルク劇場。 結婚を間近に控えているアルマヴィーヴァ伯爵の家来、フィガロと屋敷の小間使い、スザンナ、フィガロに恨みを持つ医者バルトロ、ロジーナ伯爵夫人など、描き出す巧みな人間関係...上質な喜劇といして楽しめるオペラ。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅

PlayLeroy Anderson:Sleigh Ride

リロイ・アンダーソン スレッジ・ライド そりすべり

リロイ・アンダーソン(1908〜1975)

アメリカ

オリジナルのオーケストラ用編成のほか、吹奏楽やJAZZバンド用など様々な編曲版があり、クリスマスシーズンにはそれらによっても多く演奏される。米国の作詞家ミッチェル・パリッシュにより英語の歌詞がつけられて、アンドリュー・シスターズやビング・クロスビー、ロネッツ、カーペンターズ、ベイビーフェイスら多くの歌手によっても歌われている。

絞込みタグ:Leroy Anderson USA その他・現在 ポップ ポップスオーケストラ 軽快 陽気 楽しい クリスマス


PlayJohann Strauss II:Die Fledermaus Overture Op.367

ヨハン・シュトラウス2世 こうもり序曲 オペレッタ『こうもり』より

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

『こうもり序曲(Die Fledermaus Overture)』は、1874年に初演された全三幕のオペレッタ(喜歌劇)「こうもり(Die Fledermaus)」で用いられる楽曲。数あるウィンナ・オペレッタの中でも最高峰とされる作品で、「オペレッタの王様」とも称される。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 陽気 楽しい 優雅 NewYear

PlayW.A.Mozart:Symphony No. 31 Paris 3. Allegro grazioso-Molto vivac

モーツァルト 交響曲第31番《パリ》 第三楽章

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

終楽章はこの第三楽章。 アレグロ ニ長調 2分の2拍子 ソナタ形式。ピアニッシモで始まり、突然のフォルテで驚かせるような始まり方をするフィナーレ。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい 優雅 繊細

PlayW.A.Mozart:Clarinet Concerto1-1 K.622

モーツァルト クラリネット協奏曲 第1楽章 イ長調 Allegro

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

モーツァルトの協奏曲最期の作品で、クラリネットのための唯一の協奏曲。 1楽章は12分以上あり、359小節に及ぶ長大なもの。オーケストラによる主題提示から始まり、存分に歌い上げられる。カデンツァは置かれてなく、第2主題の提示は省かれている。

絞込みタグ:W.A.Mozart Austria 古典派音楽 協奏曲 クラリネットとオーケストラ 楽しい 甘美 かわいい やさしい

PlayTV-Radio:Radio calisthenics 1

テレビ・ラジオ音楽 ラジオ体操 第一

テレビ・ラジオ音楽(1901〜2020)

*

80年以上の歴史を持つ「ラジオ体操」は、1928年(昭和3年)に「国民保健体操」として逓信省簡易保険局が制定し、日本放送協会のラジオ放送で広く普及した。「ラジオ体操第一」は、体操の内容とともに、作曲家「服部 正」によって音楽も1951年(昭和26年)に再構成された

絞込みタグ:TV-Radio * その他・現在 ピアノ曲 ピアノ独奏 楽しい 懐かしい

PlayShostakovich:Festive Overture Op.96

ショスタコーヴィチ 祝典序曲 作品96

ショスタコーヴィチ(1906〜1975)

ソヴィエト

ロシア革命37周年記念という、中途半端な記念日に、大至急仕上げてほしいとの劇場からの依頼で、わずか3日で仕上げたと言われている。 トランペットの明るく華やかなファンファーレで始まり、軽快で早い旋律が、はじめクラリネットで主奏されヴァイオリンに引き継ぎ、次の主題をチェロとホルンが抒情的に歌い出す、やがてファンファーレが戻ると、賑々しいコーダに至る。吹奏楽用の編曲でも盛んに演奏されている。

絞込みタグ:Shostakovich Soviet 近代音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 楽しい 軽快 祝典

PlayJohann Strauss II:Wiener Blut

ヨハン・シュトラウス2世 ウィーン気質 Op. 354

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の娘ギーゼラとバイエルン公との結婚を祝して作曲された。後に同名のオペレッタが製作されている。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートでしばしば演奏される。

絞込みタグ:Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ワルツ シンフォニックオーケストラ 陽気 楽しい 明るい 優雅 NewYear

Playketelbey:In a Persian market

ケテルビー ペルシャの市場にて

ケテルビー(1875〜1959)

イングランド

ケテルビーの作品中でも最も有名な曲で、情感あふれる曲想はクラシック音楽入門の情景音楽作品として多くの人に親しまれる。もともと男声合唱が含まれるが、オーケストラ楽員が歌って演奏されることもある。

絞込みタグ:ketelbey England ロマン派音楽 情景音楽 合唱とオーケストラ 楽しい 明るい

PlayRachmaninov:Scherzo for Orchestra in D minor

ラフマニノフ 管弦楽のためのスケルツォ ニ短調

ラフマニノフ(1873〜1943)

ロシア

ラフマニノフの現存する作品の中で、最も初期の管弦楽曲 まだ14歳の少年であった1887年頃書かれた。その頃彼はピアノクラスで勉強していて、和声と管弦楽の課程はまだ修了していなかった。素朴なあじわいで、どことなく東洋風であり、まるでロシア国民楽派の作品のようである。譜面には「第3楽章」と記入されていることから、より大規模な作品にするつもりだったことが伺われる。

絞込みタグ:Rachmaninov Russia ロマン派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ 楽しい 気まぐれ 不安

close

楽曲検索

Loading…