Welcome to I-Dur Virtual Orchestra クラシック音楽のDTM。
I-Dur Virtual Orchestraは机上のオーケストラです。

人気のクラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。
現在 77人の作曲家の521曲のリストの中から様々なキーワード検索や絞込みでご試聴いただけます。
どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、MIDIとDTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

新着情報What's new(お知らせ)

楽曲データは決済代行会社「BASE」でご購入できます。詳しくはこちらをクリック「ダウンロード販売について」

New songs and updates help
  • 楽曲のタイトルや説明文をクリックするとプレーヤーが出現します。
    ブラウザで自動演奏が許可されていない場合はプレイボタンをクリックしてください。
  • それぞれの楽曲の右下にあるお気に入りハートアイコンをクリックするとお気に入りに登録されます。
    もう一度クリックするとお気に入りから削除されます。
  • お気に入りページでは、登録した順番に楽曲を素早く演奏することができます。
    お気に入りは、お使いのブラウザごとに30日間保持されます。
  • Music List(全曲一覧)ページでは、全ての曲を表示しています。
    一度表示すればページを遷移させることなく曲の演奏を素早く開始することができます。
検索楽曲検索を開く

検索結果 37/521)#Italy ✖ 検索解除

PlayVivaldi:The Four Seasons-spring-2 RV.269

ヴィヴァルディ 協奏曲「四季」第1番「春」2 Largo

ヴィヴァルディ(1678〜1741)

イタリア

牧草地に花は咲き乱れ、空に伸びた枝の茂った葉はガサガサ音を立てる。羊飼は眠り、忠実な猟犬は(私の)そばにいる。 弦楽器の静かな旋律にソロヴァイオリンがのどかなメロディを奏でる。ヴィオラの低いCis音が吠える犬を表現している。

絞込みタグ:Vivaldi Italy バロック音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ NewYear

PlayAlbinoni:Adagio in G minor

アルビノーニ アルビノーニのアダージョ

アルビノーニ(1671〜1751)

イタリア

弦楽合奏とオルガンのための楽曲、弦楽合奏のみでも演奏される。 この作品は、トマゾ・アルビノーニの『ソナタ ト短調』の断片に基づく編曲と推測され、イタリアの音楽学者、レモ・ジャゾットが、アルビノーニの自筆譜の断片を編曲したと称して出版した。ジャゾットは、自分は編曲したのであって、作曲したのではないと言い張ったが、現在では完全なジャゾットの創作であると言われている。

絞込みタグ:Albinoni italy バロック音楽 室内楽 弦楽とオルガン 繊細 やさしい クリスマス

PlayVivaldi:L’estro armonico a moll 1st movement

ヴィヴァルディ 調和の霊感 第6番イ短調 ヴァイオリン協奏曲 第1楽章

ヴィヴァルディ(1678〜1741)

イタリア

この曲はコンチェルト・グロッソへと発展した古典的な独奏楽器と合奏のための協奏曲の中で最も古い。この曲は少し難しく編曲されて、主要ヴァイオリン学習教本に載っており、特に一楽章はヴァイオリンを学ぶ上で重要な曲目となっている。

絞込みタグ:Vivaldi Italy バロック音楽 弦楽 チェンバーオーケストラ

PlayVivaldi:L’estro armonico 3rd movement

ヴィヴァルディ 調和の霊感 第6番 ヴァイオリン協奏曲 第3楽章

ヴィヴァルディ(1678〜1741)

イタリア

ホ短調-イ短調-ハ長調-イ長調の調性でトゥッティ楽節は進み、終結部付近ではソロとトゥッティの交代が頻繁に行われる。

絞込みタグ:Vivaldi Italy バロック音楽 弦楽 チェンバーオーケストラ


PlayVivaldi:The Four Seasons-spring-1 RV.269

ヴィヴァルディ 協奏曲「四季」第1番「春」1 Allegro

ヴィヴァルディ(1678〜1741)

イタリア

春がやってきた、小鳥は喜び囀りながら祝っている。小川のせせらぎ、風が優しく撫でる。 春を告げる雷が轟音を立て黒い雲が空を覆う、そして嵐は去り小鳥は素晴らしい声で歌う。 鳥の声をソロヴァイオリンが高らかにそして華やかにうたいあげる。

絞込みタグ:Vivaldi Italy バロック音楽 協奏曲 バイオリンとオーケストラ 軽快 優雅 NewYear 入学式

PlayCaccini:Ave Maria

カッチーニ アヴェ・マリア

カッチーニ(1545〜1618)

イタリア

この曲は、出典が明らかではなく、録音も楽譜も90年代前半まで知られていなかった。 バロックの様式とは相容れない歌詞(”Ave Maria”を繰り返すだけという内容)などから、本当の作曲者は現代の匿名の人物ではないかとの憶測がある。

絞込みタグ:Caccini Italy ルネサンス音楽 歌曲 チェンバーオーケストラ ロマンチック 甘美 クリスマス 卒業式

PlayPuccini:Turandot/Nessun Dorma

プッチーニ オペラ・トゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」

プッチーニ(1858〜1924)

イタリア

歌劇『トゥーランドット』(伊:Turandot)のアリア。テノールのための名アリアとして有名。世界的には歌い始めの歌詞から『Nessun dorma』の題で親しまれている。日本でも「Nessun dorma」の和訳である『誰も寝てはならぬ』が通称となっている。フィギュアスケートの演技によく使用され、日本ではトリノオリンピックの演技で荒川静香が金メダルを獲得したことによりこの曲の人気が高くなった。

絞込みタグ:Puccini Italy ロマン派音楽 歌曲 シンフォニックオーケストラ 入学式 祝典 結婚式

PlayRossini:Barbiere di Siviglia Overture

ロッシーニ セビリアの理髪師 序曲

ロッシーニ(1792〜1868)

イタリア

カロン・ド・ボーマルシェ(フランスの劇作家)の書いた風刺的な戯曲を題材に作曲された2幕のオペラの序曲。この序曲は単独で演奏されることも多い。元々はオペラ『パルミーラのアウレリアーノ』(1813年作曲)の序曲として書かれたものである。喜劇『フィガロの結婚』、正劇『罪の母』とともに3部作と言われている。

絞込みタグ:Rossini Italy 古典派音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ

PlayRespighi:The Pines of the Appian Way (Pini di Roma)

レスピーギ 交響詩「ローマの松」から「アッピア街道の松」

レスピーギ(1879〜1936)

イタリア

「アッピア街道の霧深い夜あけ。不思議な風景を見まもっている離れた松。果てしない足音の静かな休みないリズム。詩人は、過去の栄光の幻想的な姿を浮べる。トランペットがひびき、新しく昇る太陽の響きの中で、執政官の軍隊がサクラ街道を前進し、カピトレ丘へ勝ち誇って登ってゆく。」 ピアニッシモから「軍隊の行進」に伴い徐々に音強を増し、フォルティッシモに至る。舞台上の管弦楽に加え、バンダのファンファーレが加わり、勇壮に全曲を閉じる。舞台裏の金管楽器はしばしば客席の脇や後ろ、2階席などに置かれ、立体的な音響を響き渡らせることがある。

絞込みタグ:Respighi Italy ロマン派音楽 交響詩 シンフォニックオーケストラ 力強い 幻想的

PlayVerdi:La Forza del Destino Overture

ベルディー(ヴェルディ) オペラ「運命の力」 序曲

ベルディー(ヴェルディ)(1813〜1901)

イタリア

「運命の力」は、ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラの有名な「序曲」は1869年に補作されたもので、それまでの原典版ではもっと短い「前奏曲」が用いられていた。それに対してこの序曲は7分を超える。現在ではこの序曲だけが単独で演奏される機会も多い。吹奏楽でもよく演奏される。

絞込みタグ:Verdi Italy ロマン派音楽 オペラ シンフォニックオーケストラ

PlayPonchielli:Dance Of The Hours (first half)

ポンキエルリ 歌劇ジョコンダより「時の踊り」 前半

ポンキエルリ(1834〜1886)

イタリア

「時の踊り」はディズニー映画「ファンタジア」(1940年)に流用されて有名となった。その後1962年にナンシー・シナトラが「レモンのキッス」としてポピュラー・ソングにアレンジして歌った。この歌はアメリカ本国より日本で人気が出て、ザ・ピーナッツをはじめ多くの歌手がカバーした。2002年には小柳ゆきが「Lovin’ You」の題でアレンジを行いカバーした。

絞込みタグ:Ponchielli Italy ロマン派音楽 オペラ シンフォニックオーケストラ 幻想的 かわいい やさしい クリスマス 卒業式

PlayMascagni:Cavalleria Rusticana Intermezzo

マスカーニ カヴァレリア・ルスティカーナ 間奏曲

マスカーニ(1863〜1945)

イタリア

1890年初演の歌劇、タイトルは「田舎の騎士道」を意味する。 劇中で演奏される楽曲の中でも、この『間奏曲』が特に有名で、単独での演奏機会も多い。

絞込みタグ:Mascagni Italy ロマン派音楽 歌劇 シンフォニックオーケストラ やさしい 優雅 クリスマス 卒業式 結婚式

PlayVerdi:Dies Irae for Requiem

ベルディー(ヴェルディ) レクイエムから 「怒りの日」冒頭

ベルディー(ヴェルディ)(1813〜1901)

イタリア

『怒りの日:Dies Irae(ディエス・イレ)』は、原題、Messa da Requiem per l anniversario della morte di Manzoni 「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」の中の一曲、このレクイエム中最も有名な旋律。 モーツァルト、フォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられると共に、「最も華麗なレクイエム」と評される。 怒りの日とは、キリスト教の終末思想の一つで、世界の終末の日に過去の全ての人間を地上に復活させ、天国に行けるか地獄に落とされるか、その生前の行いに審判が下される日。 テレビのCMや、バラエティー番組などでこの冒頭部分は盛んに使用されている。

絞込みタグ:Verdi Italy ロマン派音楽 レクイエム 合唱とオーケストラ 力強い 華麗 厳粛

close

楽曲検索

Loading…