note Shostakovich:Symphony No5 Movt.4 Allegro non troppo

ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 革命 第4楽章

ショスタコーヴィチ(1906〜1975)

ソヴィエト

近代音楽

ソビエト連邦時代の1937年に作曲され、革命20周年に初演された。 「革命」という題名は、ベートーヴェンの「運命」と同様、正式な標題ではない。 この楽章は、テンポの解釈などに演奏上の問題となるところが多く諸説入り交じり、 真相の究明については、自筆譜の研究が進むことを待たざるを得ないのが現状。

Shostakovich Soviet 近代音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 重厚 躍動
Release:2010/11  Update:2021/03 Play:11,933

ショスタコーヴィチについて(Dmitry Shostakovich)

芸術音楽における20世紀最大の作曲家の一人と言われ、世界的にも特に交響曲の大家と認知されている。ショスタコーヴィチの音楽には暗く重い雰囲気のものが多いが、その一方でポピュラー音楽も愛し、ジャズ風の軽妙な作品も少なからず残している。弦楽四重奏曲も有名。

close

楽曲検索

Loading…