note Beethoven:Symphony No.9 Op.125 1. Allegro ma non troppo、 un poco maestoso

ベートーヴェン 交響曲第9番 第1楽章

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

古典派音楽

ニ短調 2/4拍子、ソナタ形式。第九 冒頭の弦楽器のトレモロにのせて第1主題の断片的な動機が提示される。第1主題は、ニ音とイ音による完全五度を骨格とした力強い主題であり、音楽に大きな律動感を与えている。第2主題部の導入部は、第4楽章で現れる「歓喜」の主題を予め暗示させるような効果を持つ。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 年末年始
Release:2012/10  Update:2012/10 Play:7,323

ベートーヴェンについて(Ludwig van Beethoven)

楽聖と呼ばれ、クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人である。その作品は古典派音楽の集大成でありロマン派音楽の先駆けとされている。晩年の約10年は難聴が悪化しほぼ聞こえない状態にまで陥ったが、その苦境の中で交響曲第9番などの大作を仕上げた。

close

楽曲検索

Loading…