検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 8人の作曲家の520曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

NewYear特集はこちら

更新情報・お知らせ

2017-10-16
♪ シューベルト:交響曲第8番ロ短調「未完成」第1楽章
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d505c6
2017-07-01
♪ ドヴォルザーク:交響曲第8番より第3楽章「Allegro grazioso-Molto vivace」
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e7bc
2017-06-17
♪ 520曲目、ベートーヴェン、「交響曲第8番 作品93」より第1楽章、Allegro vivace e con brio 4分の3拍子。新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD5944d2bcae2fa
2017-05-07
♪ 519曲目、ベートーヴェン、「交響曲第4番 Op.60」より第1楽章、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD590ea8a68a71e
2017-04-08
♪ 516曲目、ジャン・シベリウス、「組曲「カレリア」Op.11」より第3曲:行進曲風に(アラ・マルチャ)、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD58e88435abeef
2017-03-19
♪ 515曲目、アントニン・ドヴォルザーク、「8つのユモレスク」より第1番 、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD58ce54accd5b0
2017-02-04
♪ 514曲目、J.S.バッハ、ミサ曲ロ短調よりアリア(バス)汝の望みなれば(Aria Quoniam tu solus sanctus) 新規演奏アップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD589583d861a5d
2017-01-15
♪ ボロディン:歌劇イーゴリ公より「ダッタン人の踊り」
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e098
2017-01-08
♪ チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 1楽章 Op.23
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50aac
2016-12-19
♪ リロイ・アンダーソン:スレッジ・ライド(そりすべり)
クリスマスの定番!リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f0a6

楽曲リスト検索

検索、絞り込み中:「優しい」 (9) リセット

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Andante cantabile Op.11
冒頭の有名な旋律は、チャイコフスキーがウクライナで聴いた民謡に題材を得ている。
そのテンポを指示する速度用語である「アンダンテ・カンタービレ(歩く速さで歌うように)」がそのまま愛称として親しまれている。

クライスラー
Fritz Kreisler : Liebesfreud
クライスラーの代名詞的に広く知られるヴァイオリンとピアノのための小作品。
単純かつ親しみやすい6度・3度の重音奏法の主和音で勢いよくはじまる、中間部はヘ長調の穏やかなメロディーと響きで愛がもたらす喜びや快活な気分を親しみやすい旋律で明朗に描いている。
「愛の悲しみ」と対で演奏会で取り上げられることが多い曲。

シューマン
Robert Alexander Schumann : Piano Concerto Op.54 1. Allegro affettuoso
1841年に作曲された「ピアノと管弦楽のための幻想曲」を1845年に改作し、完成したシューマンの遺した唯一のピアノ協奏曲。
冒頭はイ短調属調長調のホ長調の強奏、この部分は「ウルトラセブン」第49話(最終回)「史上最大の侵略 後編」のBGMとして使用された。

マーラー
Gustav Mahler : Symphony No.5 5th mov.
ホルン、ファゴット、クラリネットの牧歌的な掛け合いから始まる。
第1主題はホルンによるなだらかな下降音型、第2主題は低弦による細かいフーガ的な展開、軽快に舞うような展開部に入り、次第に力を増してクライマックスに向かい再現部に入り、勝利のコラールが力強く演奏され華々しく終わる。

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart : Horn Concerto No.1-1 K.412
モーツァルトは、ホルンの曲を複数残しているが、この1番から4番の協奏曲は、友人のホルン奏者の「ロイトゲープ」(ヨーゼフ・ライトゲープ)のために作曲されたとされている。
作曲された順番も第2番、第4番、第3番、第1番の順で、演奏技術的に易しくなって行く傾向にある。第1番では、曲全体の調性が他の曲より半音下げてニ長調となっていて、高音はB4止まり。これはロイトゲープの加齢による技量の衰えをモーツァルトが配慮したものであろうという説がある。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Piano Sonata No20 1st Mvmt. Allegro ma non troppo
元々の題名は「2つのやさしいソナタ」で、2楽章の形式から、しばしばソナチネとされる。
この作品は弟子のために書かれ、それを経済面などやむを得ない事情により出版したものと考えられる。題名通り演奏も容易であり、日本でも初歩の教材として頻繁に取り上げられ、有名である。

リヒャルト・シュトラウス
Richard Strauss : Morgen!
新婚の妻パウリーネのために、1894年に書かれた4つの歌曲の締めくくりに位置する。シュトラウスの作品のなかでも特にロマンティックなものの一つとされ、知名度も高い。簡素ながら、非常に繊細な美しさを持った作品。

サン=サーンス
Charles Camille Saint-Saens : Le carnaval des animaux
Andantino grazioso 6/4拍子 ト長調
チェロの独奏とピアノ伴奏の有名な曲。アンナ・パブロワが「瀕死の白鳥」と題し、バレエにしたことでも知られている。
音楽治療評論家の藤本幸弘氏の研究では、この曲「白鳥」を聴くと交感神経を鎮めリラックスでき、βエンドルフィンが出やすく副交感神経を高める効果があるとのこと。

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart : Symphony No. 31 Paris 1. Allegro assai
1778年、パリの演奏団体コンセール・スピリチュエルの支配人ジャン・ル・グロからの依頼によって作曲されたため『パリ』の愛称で呼ばれる。クラリネットを含む完全な2管編成。
第1楽章 アレグロ・アッサイ ニ長調 4分の4拍子 ソナタ形式
【買取専門店】楽器高く売れるドットコム