検索

Welcome to I-Dur Virtual Orchestra

I-Dur Virtual Orchestraは、机上のオーケストラ、「DTM Orchestra」です。

クラシック音楽を中心にMIDI & DAWで表現された名曲が、無料で全曲フル試聴できます。現在 14人の作曲家の520曲が、ご試聴いただけます。作曲家名、カテゴリー、諸派での絞り込み、楽曲名やキーワードで検索できます。どこかで聴いたクラシック音楽、お気に入りのクラシック音楽が見つかるかもしれません。
I-Dur Virtual Orchestraは、DTMでどこまで音楽の表現ができるかにトライしている一人オーケストラです。

掲載している曲のMIDIデータ、mp3データ、簡易スコアは「BASEネットショップ」で購入できます。
詳しくは「データのダウンロード販売について」をご覧ください。

♪楽曲リストの各曲のタイトルを押すとページ下部にプレイヤーが表示され、コントロールできます♪

NewYear特集はこちら

更新情報・お知らせ

2017-07-01
♪ ドヴォルザーク:交響曲第8番より第3楽章「Allegro grazioso-Molto vivace」
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e7bc
2017-06-17
♪ 520曲目、ベートーヴェン、「交響曲第8番 作品93」より第1楽章、Allegro vivace e con brio 4分の3拍子。新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD5944d2bcae2fa
2017-05-07
♪ 519曲目、ベートーヴェン、「交響曲第4番 Op.60」より第1楽章、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD590ea8a68a71e
2017-04-08
♪ 516曲目、ジャン・シベリウス、「組曲「カレリア」Op.11」より第3曲:行進曲風に(アラ・マルチャ)、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD58e88435abeef
2017-03-19
♪ 515曲目、アントニン・ドヴォルザーク、「8つのユモレスク」より第1番 、新規演奏データ&MIDIデータアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD58ce54accd5b0
2017-02-04
♪ 514曲目、J.S.バッハ、ミサ曲ロ短調よりアリア(バス)汝の望みなれば(Aria Quoniam tu solus sanctus) 新規演奏アップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD589583d861a5d
2017-01-15
♪ ボロディン:歌劇イーゴリ公より「ダッタン人の踊り」
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4e098
2017-01-08
♪ チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 1楽章 Op.23
リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d50aac
2016-12-19
♪ リロイ・アンダーソン:スレッジ・ライド(そりすべり)
クリスマスの定番!リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4f0a6
2016-12-04
♪ バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第1番:第1楽章、リニューアル(音源変更等)リミックス、再録音してアップしました。
https://music.i-dur.com/?uk=MD573ada6d4d587

楽曲リスト検索

検索、絞り込み中:「繊細」 (32) リセット

ドヴォルザーク
Antonin Dvorak : Symphony No.8 3. Allegro grazioso-Molto vivac
ヴァイオリンで始まる美しいメロディーは3拍子の舞曲で、スケルツォではなくワルツ風になっている。
中間部の旋律は、歌劇「がんこな連中」からとられたものであり、全曲の中で最も有名な楽章。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Piano Concert No1-1 Op.23
チャイコフスキーの3曲のピアノ協奏曲中、あまりにも有名なこの曲は,他の2曲の存在を薄くしてしまった。
力強いホルンから始まる印象的な出だしは印象的で、壮麗な序奏は、だれでも一度は聴いたことのある非常に有名なモチーフだが、このモチーフは、なぜか以降二度と再現されない。第2主題はクラリネットに美しい旋律が現れ展開部ではこれらの第2主題がピアノを中心にと変転し、オーケストラで第3主題が奏され、そのまま短いコーダに入って雄大に曲が閉じられる。
最もポピュラーなピアノ協奏曲の一つとして、多くの人々に喜んで聴かれ、多くのピアニストによって好んで演奏されている。

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart : Symphony No. 31 Paris 3. Allegro grazioso-Molto vivac
終楽章はこの第三楽章。
アレグロ ニ長調 2分の2拍子 ソナタ形式。ピアニッシモで始まり、突然のフォルテで驚かせるような始まり方をするフィナーレ。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Symphony No.9-3 Adagio molto e cantabile - Andante maestoso
第九の中で瞑想的な緩徐楽章。木管パートとホルンのハーモニーが美しい。当時のホルンはまだナチュラルホルンが主流で、4番ホルンの独奏は、微妙なゲシュトプフト奏法を駆使しなければ演奏することができなかった。
2つの主題が交互に現れる一種のロンド形式で、やはり最終楽章が有名で人気があるが、この楽章のファンも多い。

バッハ
Johann Sebastian Bach : Messe h-moll:Aria Quoniam tu solus sanctus
Quoniam tu solus sanctus.「汝の望みなれば」ラテン語。キリスト教ミサで唱えるグロリアの一節。
ホルンのオブリガートは、「コルノ・ダ・カッチャ」(Corno da caccia)という現在のフレンチ・ホルンの先祖であるナチュラルホルンで演奏された。
ニ長調、アンダンテ・レント、3/4拍子。

フォーレ
Gabriel Urbain Faure : Pavane op.50
小規模な編成で、曲の最初は室内楽的な響きが特徴的。甘美で崇高、清楚な旋律美で知られフォーレの他の管弦楽作品と同様、木管楽器、特にフルートに重点が置かれている。フォーレの中期を代表する傑作。

シューマン
Robert Alexander Schumann : Symphony No.4 2nd. Mov. Ziemlich langsam
ロマンツェ かなり緩やかに。イ短調、3/4拍子、三部形式。
オーボエとチェロのソロにより、第一楽章の第一主題に基づく中世ロマンス的な旋律と序奏の主題を示す。中間部はソロヴァイオリンが3連符で流れるような旋律を奏で、静かに終わる。

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart : Symphony No.40-1 K.550
モルト・アレグロ、ト短調 2分の2拍子 ソナタ形式。
最初の有名な主題(2音の短二度下降型)は、「ため息のモチーフ」とも呼ばれ、全曲で姿を繰り返し表す特徴的な旋律。
モーツァルトの交響曲の中でも最も有名なものの1つで、短調のものはこの作品を含めてわずか2曲しかなく、その両方がト短調であるため、こちらを「大ト短調」、もう一方の交響曲第25番を「小ト短調」と呼ぶことがある。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : Violin Concerto D-Dur Op.35 Allegro moderato - assai
メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ブラームスの3大ヴァイオリン協奏曲にこの曲を加えて4大ヴァイオリン協奏曲と称されることもある。悠々とした第1主題、抒情的な第2主題、独奏ヴァイオリンは華やかな技巧で演奏を続け、カデンツァの後、オーケストラの重厚な響きと激しいリズムで楽章を閉じる。
ニ調(D-dur、d-moll)のヴァイオリン協奏曲が多い理由は、楽器の特性としてニ調(D)が一番よく鳴る構造を持っていることが考慮されていると言われている。

バッハ
Johann Sebastian Bach : Konzert a-Moll fur Flauto traverso, Violine und Cembalo 3. Alla breve
テンポ・ディ・アラ・ブレーヴェ イ短調、2分の2拍子。
緊張感のあるフィナーレ。BWV894のフーガの旋律に、弦楽合奏の前奏、間奏、後奏を新たに追加、挿入した形式。

バルトーク
Bartok Bela Viktor Janos : 6 Romanian Folk Dances Sz.56
1909年から1915年にかけて作られた6曲からなるピアノの小品の組曲。
全曲が民族的な素材によるリズムとモード(旋法=古い教会旋法と同じ)で作られている。
小管弦楽のための編曲や、弦楽合奏版、オルガン版などがある。
親しみやすい旋律と手ごろな長さから彼の小品の中では人気が高く、コンサートにはしばしば取り上げられる。

バルトーク
Bartok Bela Viktor Janos : 6 Romanian Folk Dances 3. Pe loc - Andante
Moderato ロ調

バッハ
Johann Sebastian Bach : Air on G-String BWV1068
G線上のアリアは、「管弦楽組曲第3番」のうち、「アリア」楽章に付けられた愛称、19世紀後半にアウグスト・ウィルヘルミが、ニ長調からハ長調に移調させた際、バイオリンのG線のみで演奏できることに気づいたことから付けられた。結婚式や卒業式、映像作品などのBGMやサンプリング素材としてよく使われている。

バルトーク
Bartok Bela Viktor Janos : 6 Romanian Folk Dances (Sz.56) 1.Bot-tanc
ルーマニアの農民の踊りをテーマにした、A音を基音とするドリア旋法的な動き。

チャイコフスキー
Peter Ilyich Tchaikovsky : The Nutcracker Suite Op.71a
- - - - -

バッハ
Johann Sebastian Bach : Ricercare a 6 from Musikalisches Opfer
1つの主題に基づく16の作品からなる曲集の中から六声のリチェルカーレ。
原曲は、楽器指定のない6段楽譜である。元々、鍵盤楽器での即興演奏のために王から与えられた課題であり、バッハの時代を考慮してチェンバロで演奏されることが多いが、ここではViolin2、Viola2、Cello2の編成でアレンジしてみました。

アルビノーニ
Tomaso Giovanni Albinoni : Adagio in G minor
弦楽合奏とオルガンのための楽曲、弦楽合奏のみでも演奏される。
この作品は、トマゾ・アルビノーニの『ソナタ ト短調』の断片に基づく編曲と推測され、イタリアの音楽学者、レモ・ジャゾットが、アルビノーニの自筆譜の断片を編曲したと称して出版した。ジャゾットは、自分は編曲したのであって、作曲したのではないと言い張ったが、現在では完全なジャゾットの創作であると言われている。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Symphony No9-2 Molto vivace - Presto
ニ短調 3/8拍子 - ニ長調 2/2拍子、複合三部形式をとるスケルツォ楽章
弦楽器のユニゾンとティンパニで始まる序奏に続き提示部ではフーガのようにテーマが絡み合い、展開部ではティンパニが活躍する。中間部の旋律は、歓喜の主題に似ている。オーボエによる主題提示の後、弦楽器群のフーガ風旋律を経てホルンが同じ主題を提示し、木管楽器群の主題提示の後、今度は全合奏で主題を演奏する。(第九)

サン=サーンス
Charles Camille Saint-Saens : Le carnaval des animaux
Andantino grazioso 6/4拍子 ト長調
チェロの独奏とピアノ伴奏の有名な曲。アンナ・パブロワが「瀕死の白鳥」と題し、バレエにしたことでも知られている。
音楽治療評論家の藤本幸弘氏の研究では、この曲「白鳥」を聴くと交感神経を鎮めリラックスでき、βエンドルフィンが出やすく副交感神経を高める効果があるとのこと。

バッハ
Johann Sebastian Bach : Kyrie eleison BWV232
マタイ受難曲、ヨハネ受難曲と並び、バッハの作品の中でも最高峰に位置するとされている全曲は27曲から成る1曲目。フーガ様の対位法が基本で古風なモテットからロココ風のアリアまで多岐なスタイルで、ニ長調を基調とするが、最初の曲はロ短調である。
五部合唱(ソプラノ1、2、アルト、テナー、バス)。ロ短調、アダージョ、ラルゴ、 4/4

バルトーク
Bartok Bela Viktor Janos : 6 Romanian Folk Dances (Sz.56) 2. Braul - Allegro
Allegro 二調

バルトーク
Bartok Bela Viktor Janos : 6 Romanian Folk Dances 4. Buciumeana - Moderato
Andante イ調

モーツァルト
Wolfgang Amadeus Mozart : Kyrie
壮大な二重フーガ。ニ短調 アレグロ 4分の4拍子

クライスラー
Fritz Kreisler : Schon Rosmarin
ヴァイオリンとピアノのための小作品。
甘美な旋律で始まり、中間部には愛らしい清楚なメロディー。主題は、主和音アルペジョと半音階のスピカートを組み合わせた軽快なもの。中間には、ヘミオラを活用してリズムに変化をつける。また、主題は、特段変奏もなく数回繰り返されており、時間調整も容易。リサイタル最後のアンコールピースとしてよく用いられる。
※ロスマリンとは、ローズマリーの事で、愛や貞節を象徴し、愛らしい女性の愛称ともなっている。

リヒャルト・シュトラウス
Richard Strauss : Morgen!
新婚の妻パウリーネのために、1894年に書かれた4つの歌曲の締めくくりに位置する。シュトラウスの作品のなかでも特にロマンティックなものの一つとされ、知名度も高い。簡素ながら、非常に繊細な美しさを持った作品。

バッハ
Johann Sebastian Bach : Fugue in G minor BWV578
同じト短調である「幻想曲とフーガ ト短調」(BWV542)との混同をさけるため、楽曲の規模からこの曲を「小フーガ ト短調」と呼ばれている。この「小フーガ」「大フーガ」という呼称は、BWV番号が存在しなかった時代の名残りである。4声フーガとして、数学的に精密に構成され対主題(固定対位句)を伴う。

※この曲は、オルガン曲ですが、ここでは「弦楽四重奏」にしてみました。

バルトーク
Bartok Bela Viktor Janos : 6 Romanian Folk Dances 5. Poarga Romaneasca - Allegro
Allegro ニ調。元は村の青年によるフィドラの演奏である。
8拍を一単位とする独特なポルカのフレーズで、2拍子と3拍子に交互に入れ替わる。チェコの影響を感じさせるリズム的には面白い楽章。

バルトーク
Bartok Bela Viktor Janos : 6 Romanian Folk Dances 6. Maruntel - Allegro
お互いに関係のない、別の地方の二つの舞曲がメドレーになっている。

ワーグナー
Wilhelm Richard Wagner : Die Meistersinger von Nurnberg
- - - - -

ストラヴィンスキー
Igor Fyodorovitch Stravinsky : The Firebird 3. Variation des Feuervogels
ヴァリアシオンはソロの踊りを表す用語(仏)、英語でのヴァリエーション。
火の鳥の踊りを男性・女性ともに全てのダンサーが同じ振付で踊る。

ベートーヴェン
Ludwig van Beethoven : Trio for Piano, Violin and Cello No. 7 in B Major Archduke mov.1
ピアノとヴァイオリン、チェロの為の三重奏曲、変ロ長調、ソナタ形式、4分の4拍子。
優雅さと堂々とした気品がある曲想で、ピアノ三重奏団には必須のレパートリーとなっている。
アマチュア・ピアニストとしては相当の腕前の「ルドルフ大公」に1811年に献呈された曲。

バッハ
Johann Sebastian Bach : Konzert a-Moll fur Flauto traverso, Violine und Cembalo Adagio
アダージョ・マ・ノン・タント・エ・ドルチェ ハ長調、8分の6拍子。
オーケストラは休みで、3つの独奏楽器がカノンのように絡み合う。穏やかで慈しみに満ちた緩徐楽章。
【買取専門店】楽器高く売れるドットコム