note JS.Bach:Herz und Mund und Tat und Leben BWV147

バッハ

主よ、人の望みの喜びよ 教会カンタータ

バッハ(1685〜1750)

ドイツ

バロック音楽

1723年に作曲したとされる全10曲からなる教会カンタータの6番目と10番目に登場し、『主よ、人の望みの喜びよ』の題で広く親しまれているコラール「イエスこそわが喜び」。『主イエス・キリストこそわたしの喜び。私はこの方をだきしめる。主は、病と悲しみの中にある時に、私にいのちをくださる。イエス・キリストは私を愛し、ご自身のいのちを与えて下さった。どんな時もイエス・キリストから離れることは無い。』

JS.Bach Germany バロック音楽 管弦楽 チェンバーオーケストラ 気品 結婚式 クリスマス 卒業式 入学式
Release:2004/12  Update:2020/08 Play:65,899

バッハについて(Johann Sebastian Bach)

「音楽の父」とも称され、バッハ一族の中でももっとも偉大であるという意味で大バッハと呼ばれる。幅広いジャンルにわたって様々な技法を使い作曲をしたが、オペラは残していない。


close

楽曲検索

Loading…