note Beethoven:Symphony5 mvt.1 Op.67

ベートーヴェン

交響曲第5番「運命」第1楽章 Allegro con brio

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

古典派音楽

「ダダダダーン」という有名な動機に始まる。史上初めてピッコロ、コントラファゴット、トロンボーンが導入された交響曲。当時の管弦楽では「珍しい楽器」だった。日本では一般に「運命」と呼ばれ(これは通称であって正式な題名ではない)、クラシック音楽の中でも最も有名な曲の1つである。その主題展開の技法や「暗から明へ」というドラマチックな楽曲構成は後世の作曲家に模範とされた。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 力強い 情熱
Release:2004/12  Update:2020/04 Play:53,464

ベートーヴェンについて(Ludwig van Beethoven)

楽聖と呼ばれ、クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人である。その作品は古典派音楽の集大成でありロマン派音楽の先駆けとされている。晩年の約10年は難聴が悪化しほぼ聞こえない状態にまで陥ったが、その苦境の中で交響曲第9番などの大作を仕上げた。



close

楽曲検索

Loading…