note Beethoven:Symphony No.7-2 Immortal Allegretto

ベートーヴェン 交響曲第7番 第2楽章 不滅のアレグレット

ベートーヴェン(1770〜1827)

ドイツ

古典派音楽

初演時に聴衆から特に支持された楽章。「不滅のアレグレット」と呼ばれている。アレグレットは、「少し速く」と言う速度記号であるが、ベートーヴェンは、ゆっくり、しかし普通のアンダンテやアダージョよりは速くしてほしい、という意味で、この設定にしたと言われている。この楽章は非常に美しいメロディと重厚な管弦楽の響きが特徴です。主題はしばしば独特なリズムと躍動感に満ちており、静かな部分と情熱的な部分が交互に現れます。全体的に穏やかな雰囲気を持ちつつも、力強く感情豊かな音楽で聴衆を引き込むような魅力があります。

Beethoven Germany 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 神秘的 ゆったり 厳粛 落ち着き
Release:2004/09  Update:2023/12 Play:35,840

ベートーヴェンについて(Ludwig van Beethoven)

楽聖と呼ばれ、クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人である。その作品は古典派音楽の集大成でありロマン派音楽の先駆けとされている。晩年の約10年は難聴が悪化しほぼ聞こえない状態にまで陥ったが、その苦境の中で交響曲第9番などの大作を仕上げた。


close

楽曲検索

Loading…