note Berlioz:Symphonie fantastique 4.Marche au Supplice.

ベルリオーズ 幻想交響曲 第4楽章 断頭台への行進

ベルリオーズ(1803〜1869)

フランス

ロマン派音楽

彼は夢の中で愛していた彼女を殺し、死刑を宣告され、断頭台へ引かれていく。行列は行進曲にあわせて前進し、その行進曲は時に暗く荒々しく、時に華やかに厳かになる。その中で鈍く重い足音に切れ目なく続くより騒々しい轟音。ついに、固定観念が再び一瞬現われるが、それはあたかも最後の愛の思いのように死の一撃によって遮られる。

Berlioz France ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 躍動 幻想的 せつない 不気味
Release:2004/11  Update:2016/11 Play:25,722

ベルリオーズについて(Louis Hector Berlioz)

生前は作曲家としてより指揮者として有名であった、リストのピアノ協奏曲第1番の初演なども手がけた。文学好きで著作には『管弦楽法』などがある。はなはだしい楽器編成の拡張や、色彩的な管弦楽法によってロマン派音楽の動向を先取りした。

close

楽曲検索

Loading…