note Bizet:L’arlesienne Suite No.2 Farandole

ビゼー

アルルの女 第2組曲 第4曲 ファランドール

ビゼー(1838〜1875)

フランス

ロマン派音楽

フランス南部のプロヴァンス地方で踊られる舞曲『三人の王の行進』と『馬のダンス』種類の民謡をもとに作られている。 特に冒頭の主題は広く知られており、人気が高い曲のひとつ。

Bizet France ロマン派音楽 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 躍動 力強い
Release:1992/02  Update:2019/01 Play:37,116

ビゼーについて(Georges Bizet)

父は声楽教師、母はピアニストで、幼い頃から音楽に親しみ、記憶力が抜群であった。9歳でパリ音楽院に入学。不朽の名作「アルルの女」組曲やオペラ「カルメン」などがある。


close

楽曲検索

Loading…