note Brahms:Hungarian Dance No5 g moll

ブラームス

ハンガリア舞曲 第5番 ト短調

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ロマン派音楽

ブラームスのハンガリー舞曲は、ジプシー音楽の特徴が取り入れられており、ハンガリー民謡の「チャルダッシュ」的なリズムの緩急や変化が織り込まれている。この第5番は、流麗さと歯切れ良 さを併せもった、同曲集の代名詞ともいえる1曲。

Brahms Germany ロマン派音楽 舞曲 シンフォニックオーケストラ
Release:2005/02  Update:2020/11 Play:40,605

ブラームスについて(Johannes Brahms)

バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における「三大B」とも称され、ベートーヴェンの後継者ととらえる人もいる。交響曲と協奏曲では古典的な形式を採用し、「新古典派」という呼称で呼ばれることもある。

close

楽曲検索

Loading…