note Chopin:Nocturne No2. Op.9-2

ショパン

ノクターン第2番

ショパン(1810〜1849)

ポーランド

ロマン派音楽

ショパンが生涯愛用していたピアノのメーカーである「プレイエル社」社長カミーユ・プレイエルの妻マリーに献呈。ショパンのノクターンとしては最もよく知られた曲である。 浅田真央のソチ五輪のショートプログラムのテーマ曲。 2006-2007シーズンのショートプログラム及び2013-2014シーズンのショートプログラムでも使用。

Chopin Poland ロマン派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏 美しい ロマンチック 卒業式
Release:2007/03  Update:2007/03 Play:39,208

ショパンについて(Fryderik Chopin)

その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれる。様々な形式、旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい境地を切り開いた。肺結核に悩まされた病弱の芸術家であった。サブタイトルのほとんどはショパン自身によるものではない。



close

楽曲検索

Loading…