note Chopin:Valse du Petit Chien Op.64-1

ショパン

子犬のワルツ Valse

ショパン(1810〜1849)

ポーランド

ロマン派音楽

ショパンの恋人であったジョルジュ・サンドが飼っていた子犬が、自分の尻尾を追ってぐるぐる回る様子を音楽で描写して欲しいと頼まれ、即興的に作曲されたものといわれている。

Chopin Poland ロマン派音楽 ピアノ曲 ピアノ独奏
Release:2007/03  Update:2007/03 Play:29,634

ショパンについて(Fryderik Chopin)

その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれる。様々な形式、旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい境地を切り開いた。肺結核に悩まされた病弱の芸術家であった。サブタイトルのほとんどはショパン自身によるものではない。



close

楽曲検索

Loading…