note Dukas:Villanelle for Horn and Piano

デュカス ホルンとピアノのためのヴィラネル

デュカス(1865〜1935)

フランス

ロマン派音楽

パリ音楽院の入学の為の課題曲として作曲されたもの。ヴィラネルは、田園詩と訳される。 小生が卒業演奏で吹いた曲のひとつ。

Dukas France ロマン派音楽 室内楽 ホルンとピアノ
Release:2005/09  Update:2006/08 Play:15,470

デュカスについて(Paul Dukas)

音楽の作曲に関しては完璧主義者で、時間をかけた作品が多く、気に入らないものはすべて破棄してしまった。今日残るのは13曲位と言われる。パリ音楽院の管弦科教授、作曲科教授。弟子としてはメシアンがいる。

close

楽曲検索

Loading…