note Dvorak:Symphony No.8 3. Allegro grazioso-Molto vivac

ドヴォルザーク

交響曲第8番 第3楽章

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

ロマン派音楽

ヴァイオリンで始まる美しいメロディーは3拍子の舞曲で、スケルツォではなくワルツ風になっている。 中間部の旋律は、歌劇「がんこな連中」からとられたものであり、全曲の中で最も有名な楽章。

Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 気品 繊細 美しい
Release:2007/03  Update:2017/07 Play:15,471

ドヴォルザークについて(Antonin Dvorak)

チェコ国民楽派で、後期ロマン派を代表する作曲家。ブラームスと出会い、その後アメリカに渡り、音楽院院長として音楽教育に貢献する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させている。クラシック音楽史上屈指の人気作曲家でもある。



close

楽曲検索

Loading…