note Dvorak:Symphony No.8 4.Allegro ma non troppo

ドヴォルザーク 交響曲第8番 第4楽章

ドヴォルザーク(1841〜1904)

チェコ共和国

ロマン派音楽

トランペットによるファンファーレの導入のあと、チェロによって主題が静かにゆっくりと提示される。次は力強く速く変奏され、主題を元に激しく展開し、輝かしいコーダに入る。通常の二管編成:Fl.2、Ob.2、Cla.2、Fg.2、Hr.4、Tp.2、Tb.3、Tu1、Timp、Str5

Dvorak Czech Republic ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ
Release:2009/11  Update:2009/11 Play:6,677

ドヴォルザークについて(Antonin Dvorak)

チェコ国民楽派で、後期ロマン派を代表する作曲家。ブラームスと出会い、その後アメリカに渡り、音楽院院長として音楽教育に貢献する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させている。クラシック音楽史上屈指の人気作曲家でもある。

close

楽曲検索

Loading…