note Elger:Salut d’amour Op.12

エルガー

愛のあいさつ Liebesgruss

エルガー(1857〜1934)

イギリス

ロマン派音楽

エルガーが、1888年にキャロライン・アリス・ロバーツとの婚約記念に贈った曲。日本でも人気の高い小品の一つである。エルガーはピアノ独奏用、ピアノとヴァイオリン用、小編成の管弦楽などいくつかの版を残した。 エルガーの作品の中では『威風堂々』に次いで有名なものに入る。優美な曲想が幅広い支持を集めている。

Elger United Kingdom ロマン派音楽 室内楽 バイオリンとピアノ かわいい 暖かい クリスマス 卒業式 入学式
Release:2008/02  Update:2012/11 Play:26,731

エルガーについて(Edward Elger)

音楽教師でありヴァイオリニスト。シューマン、ワーグナーに強い影響を受けた。1901年の「威風堂々」第1番の作曲・初演以降、傑作を次々と作曲し、名実共に英国楽壇の重鎮となった。初期のレコーディング活動にも積極的であり演奏家としての活動も多い。ロンドン交響楽団の首席指揮者も務めたことがある。



close

楽曲検索

Loading…