note Mozart (W.A.):Horn Concerto No.1-1 K.412

モーツァルト ホルン協奏曲 第1番 第1楽章 Allegro ニ長調

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

古典派音楽

モーツァルトは、ホルンの曲を複数残しているが、この1番から4番の協奏曲は、友人のホルン奏者の「ロイトゲープ」(ヨーゼフ・ライトゲープ)のために作曲されたとされている。 作曲された順番も第2番、第4番、第3番、第1番の順で、演奏技術的に易しくなって行く傾向にある。第1番では、曲全体の調性が他の曲より半音下げてニ長調となっていて、高音はB4止まり。これはロイトゲープの加齢による技量の衰えをモーツァルトが配慮したものであろうという説がある。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ ほのぼの 優雅 気品 入学式 卒業式
Release:1999/05  Update:2014/04 Play:40,398

モーツァルトについて(Wolfgang Amadeus Mozart)

古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人。5歳で最初の作曲をし、神童の演奏を披露、7歳の時の演奏は作家のゲーテに絶賛され、数多くの名曲を残し35歳の12月5日ウィーンにて永眠。

close

楽曲検索

Loading…