note Mozart (W.A.):Symphony No.40-1 Molto Allegro g-minor K.550

モーツァルト 交響曲 第40番 第1楽章 ト短調 Molto Allegro

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

古典派音楽

モルト・アレグロ、ト短調 2分の2拍子 ソナタ形式。 最初の有名な主題(2音の短二度下降型)は、「ため息のモチーフ」とも呼ばれ、全曲で姿を繰り返し表す特徴的な旋律。モーツァルトの交響曲の中でも最も有名なものの1つで、短調のものはこの作品を含めてわずか2曲しかなく、その両方がト短調であるため、こちらを「大ト短調」、もう一方の交響曲第25番を「小ト短調」と呼ぶことがある。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 優雅 甘美 繊細 せつない
Release:1994/05  Update:2020/12 Play:40,251

モーツァルトについて(Wolfgang Amadeus Mozart)

古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人。5歳で最初の作曲をし、神童の演奏を披露、7歳の時の演奏は作家のゲーテに絶賛され、数多くの名曲を残し35歳の12月5日ウィーンにて永眠。

close

楽曲検索

Loading…