note Mussorgsky:La Grande Porte de Kiev from Pictures at an Exhibition.

ムソルグスキー 組曲「展覧会の絵」より キエフの大門

ムソルグスキー(1839〜1881)

ロシア

国民楽派

「展覧会の絵」の終曲。ラヴェルの管弦楽編曲版。いまの「ウクライナ」当時は「キエフ公国」の首都にあった「黄金の門」が浮かんでくる。ナニコレ珍百景のBGMで後半のフレーズがリピートされて使われている。

Mussorgsky Russia 国民楽派 組曲 シンフォニックオーケストラ 荘厳 雄大 重厚 躍動
Release:2005/07  Update:2021/06 Play:13,522

ムソルグスキーについて(Modest Petrovich Mussorgsky)

「ロシア五人組」の一人。国民楽派の作曲家に分類される。原色的な和音の技法や、和声感覚、作曲技法は、印象主義音楽や表現主義音楽の先駆けとなっている。独特で荘厳な表現、直接的な高ぶった曲調は覚えやすいため、映画やテレビで使用されて有名になった。

close

楽曲検索

Loading…