note Schumann:Konzertstueck for Four Horns and Orchestra Op.86

シューマン

4本のホルンのためのコンツェルトシュテュック ヘ長調 op.86

シューマン(1810〜1856)

ドイツ

ロマン派音楽

このホルンの極端な高音域のメロディーは、現在ではトリプル・ホルン(ハイF管など)でないと対応できないなど、シューマンの活躍した時代は管楽器の性能の向上が著しかった時期であり、転調進行に伴う効果的な音色や音量バランスなど、作曲家にとっても演奏家にとっても見つけづらい時代でもあった。

Schumann Germany ロマン派音楽 協奏曲 ホルンとオーケストラ 躍動 軽快 重厚 華麗 祝典
Release:2008/07  Update:2020/08 Play:8,544

シューマンについて(Robert Alexander Schumann)

5人兄弟の末っ子で、薬指関節部分の腫瘍が元で指が動かなくなりピアニストを諦め音楽評論家、作曲家として生計を立てる。シューマンの旋律やオーケストラの楽器の重ね方、和声やリズムには特徴があり、近年まで様々な評価が絶えなかった。


close

楽曲検索

Loading…