note Shostakovich:Festive Overture Op.96

ショスタコーヴィチ

祝典序曲 作品96

ショスタコーヴィチ(1906〜1975)

ソヴィエト

近代音楽

ロシア革命37周年記念という、中途半端な記念日に、大至急仕上げてほしいとの劇場からの依頼で、わずか3日で仕上げたと言われている。 トランペットの明るく華やかなファンファーレで始まり、軽快で早い旋律が、はじめクラリネットで主奏されヴァイオリンに引き継ぎ、次の主題をチェロとホルンが抒情的に歌い出す、やがてファンファーレが戻ると、賑々しいコーダに至る。吹奏楽用の編曲でも盛んに演奏されている。

Shostakovich Soviet 近代音楽 序曲 シンフォニックオーケストラ 楽しい 軽快 祝典
Release:1999/09  Update:2020/03 Play:31,488

ショスタコーヴィチについて(Dmitry Shostakovich)

芸術音楽における20世紀最大の作曲家の一人と言われ、世界的にも特に交響曲の大家と認知されている。ショスタコーヴィチの音楽には暗く重い雰囲気のものが多いが、その一方でポピュラー音楽も愛し、ジャズ風の軽妙な作品も少なからず残している。弦楽四重奏曲も有名。



close

楽曲検索

Loading…