note Sousa:The Liberty Bell

スーザ

自由の鐘 Marche

スーザ(1854〜1932)

アメリカ

ロマン派音楽

演奏機会の多い人気の曲で、ビル・クリントン大統領やブッシュ大統領、オバマ大統領などの就任式にもアメリカ海兵隊軍楽隊によって演奏されている。当初はオペレッタ「The Devils Deputy」のために作曲された楽曲だったが、オペレッタ自体が無くなりお蔵入りになったが、シカゴ・コロンブス万国博覧会で楽曲のタイトルを「自由の鐘」にする事を思いついた。 イギリスの伝説的コメディ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」でオープニング曲として使われた。

Sousa USA ロマン派音楽 行進曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 軽快 楽しい 明るい
Release:1998/11  Update:2019/05 Play:23,405

スーザについて(John Philip Sousa)

行進曲を100曲以上作曲したことから、「マーチ王」と呼ばれる。ワシントン海兵隊楽団の指揮者を経て「スーザ吹奏楽団」を結成、レコーディングや全米各地へ演奏旅行をする。行進曲は歩きながらの演奏も多いため、今までのチューバを改造し、立奏を前提とした設計のスーザフォーンを考案した。



close

楽曲検索

Loading…