note Johann Strauss II:Pizzicato Polka

ヨハン・シュトラウス2世

ピッチカート ポルカ

ヨハン・シュトラウス2世(1825〜1899)

オーストリア

ロマン派音楽

ヨハン・シュトラウス2世とヨーゼフ・シュトラウス兄弟の2人によって作曲された。ロシア旅行の際、サンクトペテルブルクか、パヴロフスク駅舎でピアノの連弾をしてこの作品が生まれたとされている。 弦楽器のピツィカートだけで演奏されるユーモラスな曲で、ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサートでは、3番目に登場回数が多い作品。

Johann Strauss II Austria ロマン派音楽 ポルカ シンフォニックオーケストラ 軽快 楽しい かわいい やさしい NewYear
Release:1997/07  Update:2020/05 Play:19,411

ヨハン・シュトラウス2世について(Johann Strauss II)

音楽の都「ウィーン」の代表的な作曲家「ワルツの父」ヨハン・シュトラウス1世の長男。生涯に渡ってウィンナワルツの作曲を続け、「ワルツ王」と呼ばれる。毎年元日に行われる「ウィーンフィル、ニューイヤーコンサート」では、シュトラウス・ファミリーの作品を中心にプログラムが組まれる。



close

楽曲検索

Loading…