note Wagner:elsa’s Procession to the Cathedral

ワーグナー 歌劇ローエングリーンより大聖堂へのエルザの行列

ワーグナー(1813〜1883)

ドイツ

ロマン派音楽

白鳥の騎士(ローエングリーン)がエルザと婚礼の式の為に礼拝堂へ向かう時の入場の音楽。 木管の清楚な旋律が次第に高揚していく、吹奏楽による演奏がよく知られる。 ここではブラスバンド風に組み立ててみました。

Wagner Germany ロマン派音楽 歌劇 シンフォニックオーケストラ 荘厳 入学式 卒業式 結婚式
Release:2004/12  Update:2014/06 Play:21,168

ワーグナーについて(Wilhelm Richard Wagner)

ロマン派歌劇の頂点として「歌劇王」の別名で知られる。それまでの序曲、アリア、重唱、合唱、間奏曲と断片的な演奏形式やオペラの劇作、歌詞などをひとつの総合芸術にまとめ上げ、「楽劇」と呼ばれる形式を完成させた。

close

楽曲検索

Loading…