note Rachmaninov:Rhapsody on a Theme by Paganini Op.43 Variation 18 -Andante Cantabiler

ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏

ラフマニノフ(1873〜1943)

ロシア

ロマン派音楽

主題と24の変奏から成る曲の第18番目の変奏曲、この曲の中で特に有名な部分であるこのアンダンテ・カンタービレは、映画やTV、CMなどでもよく使われている。

Rachmaninov Russia ロマン派音楽 狂詩曲 ピアノとオーケストラ
Release:2010/07  Update:2010/07 Play:11,600

ラフマニノフについて(Sergey Rachmaninov)

ピアノ演奏史上有数のヴィルトゥオーソ(超一流の演奏家)としてフランツ・リストと並び称される存在である。作曲家としては「私はただ、自分の中で聴こえている音楽をできるだけ自然に紙の上に書きつけるだけです…」という言葉が残されている。

close

楽曲検索

Loading…