note Grieg:Two elegiac melodies、The Last Spring Op.34

グリーグ

2つの悲しき旋律より 過ぎた春

グリーグ(1843〜1907)

ノルウェー

ロマン派音楽

メランコリックな美しいメロディーの曲。ヴァイオリンの美しく悲しげな旋律、ヴィオラ、チェロの哀愁をそそるハーモニーやオブリガート、コントラバスの支え、心を落ちつく音楽です。

Grieg Norway ロマン派音楽 弦楽 チェンバーオーケストラ
Release:2010/09  Update:2010/09 Play:8,868

グリーグについて(Edvard Grieg)

ノルウェーの民族音楽からの印象で、国民楽派の作曲家として注目される。民族音楽からの深い影響を受けた作曲家。ピアノのために数多くの小品を作曲しており、「北欧のショパン」と呼ばれることがある。



close

楽曲検索

Loading…