note Tchaikovsky:Andante cantabile Op.11

チャイコフスキー 弦楽四重奏曲第1番 第2楽章 アンダンテ・カンタービレ

チャイコフスキー(1840〜1893)

ロシア

ロマン派音楽

冒頭の有名な旋律は、チャイコフスキーがウクライナで聴いた民謡に題材を得ている。 そのテンポを指示する速度用語である「アンダンテ・カンタービレ(歩く速さで歌うように)」がそのまま愛称として親しまれている。

Tchaikovsky Russia ロマン派音楽 室内楽 弦楽四重奏 牧歌的 懐かしい 暖かい 甘美 卒業式
Release:2011/06  Update:2014/12 Play:10,106

チャイコフスキーについて(Peter Ilyich Tchaikovsky)

曲想はメルヘンチックであり、ロマン濃厚で、叙情的でメランコリックな旋律、流麗で絢爛豪華なオーケストレーション、多彩で天才的なリズムなど親しみやすく、とりわけ後期の交響曲・バレエ音楽・協奏曲などが愛好されている。旧ソ連時代に改竄されたタイトルは、ソ連崩壊後に原典版に戻された。

close

楽曲検索

Loading…