note Saint-Saens:Bacchanale - Samson et Dalila

サン=サーンス

「バッカナール」サムソンとデリラ

サン=サーンス(1835〜1921)

フランス

ロマン派音楽

「サムソンとデリラ」は現在でも上演されることの多い、サン・サーンスを代表するオペラのひとつ。 オリエンタルでエキゾチックな旋律が大きな特徴で、これを中心にたたみ掛けるように音楽が進行していく。 この曲は、フィギュアスケートの安藤美姫選手や浅田真央選手のプログラム曲になった事もある。

Saint-Saens France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ
Release:2011/10  Update:2011/10 Play:8,113

サン=サーンスについて(Charles Camille Saint-Saens)

神童タイプで、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をしたと言われている。詩、天文学、数学、絵画などで一流のレベルとして知られ、晩年、印象主義音楽の台頭の中で、近代音楽を批判して古典主義、ロマン主義を貫いた。その作風は折衷的、あるいは穏健かつ知的といわれる。

close

楽曲検索

Loading…