note Saint-Saens:Bacchanale - Samson et Dalila

サン=サーンス 「バッカナール」サムソンとデリラ

サン=サーンス(1835〜1921)

フランス

ロマン派音楽

バレエ音楽「バッカナール」サムソンとデリラは、現在でも上演されることの多いサン・サーンスを代表するオペラのひとつ。オリエンタルでエキゾチックな旋律が大きな特徴で、これを中心にたたみ掛けるように音楽が進行していく。 この曲は、フィギュアスケートの浅田真央選手や安藤美姫選手など、多くの選手がプログラム曲として使っている。

Saint-Saens France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ
Release:2011/10  Update:2021/04 Play:8,629

サン=サーンスについて(Charles Camille Saint-Saens)

神童タイプで、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をしたと言われている。詩、天文学、数学、絵画などで一流のレベルとして知られ、晩年、印象主義音楽の台頭の中で、近代音楽を批判して古典主義、ロマン主義を貫いた。その作風は折衷的、あるいは穏健かつ知的といわれる。

au PAY ふるさと納税
au PAY ふるさと納税
au PAY ふるさと納税

close

楽曲検索

Loading…