note Delibes:COPPelIA Balleti in Two Acts - Valse

レオ・ドリーブ バレエ「コッペリア」より スワニルダのワルツ

レオ・ドリーブ(1836〜1891)

フランス

ロマン派音楽

コッペリア(Coppelia)は、1867年作曲。オペラ座で1870年5月25日初演された。 「コッペリア」とは、動く人形を題材としたバレエ作品、およびその人形の名前。 村の娘、スワニルダ(フランツの恋人)の第二幕でのワルツ。

Delibes France ロマン派音楽 バレエ音楽 シンフォニックオーケストラ かわいい クリスマス 入学式 卒業式 結婚式
Release:2012/03  Update:2012/03 Play:13,079

レオ・ドリーブについて(Leo Delibes)

バレエ音楽や歌劇で知られるフランス・ロマン派の作曲家。「フランス・バレエ音楽の父」と呼ばれ、優美で繊細な舞台音楽を残した。

close

楽曲検索

Loading…