note Mahler:Das Lied von der Erde Mov.3 Von der jugend

マーラー

大地の歌 第3楽章 「青春について」

マーラー(1860〜1911)

オーストリア

ロマン派音楽

この曲は、交響曲9番にあたるが、一般的な交響曲の様式から大きく外れた作品であり、また『交響曲第9番』を最後の大作として亡くなる人が多かったため、そのジンクスを気にしてあえて番号無しの『大地の歌』という曲にしたと言われている。 詩は李白「宴陶家亭子」に基づく、漢詩のドイツ語訳を歌詞に用いたテノール独唱曲。

Mahler Austria ロマン派音楽 交響曲 歌とオーケストラ ほのぼの 素朴 かわいい 入学式 卒業式
Release:2013/10  Update:2013/10 Play:7,940

マーラーについて(Gustav Mahler)

ウィーンで活躍した作曲家、指揮者。交響曲と歌曲の大家、ウィーンフィル、ニューヨークフィル、ウィーン宮廷歌劇場等の指揮者を務めた。 交響曲を10曲完成させたが、そのうちの9番目の『大地の歌』は、一般的な交響曲の様式から大きく外れた作品であったためと同時に、『第9番』を最後の大作として亡くなる人が多く、そのジンクスを気にして番号なしの曲にしたと言われている。



close

楽曲検索

Loading…