note Faure:Pavane op.50

フォーレ パヴァーヌ 作品50

フォーレ(1845〜1924)

フランス

ロマン派音楽

小規模な編成で、曲の最初は室内楽的な響きが特徴的。甘美で崇高、清楚な旋律美で知られフォーレの他の管弦楽作品と同様、木管楽器、特にフルートに重点が置かれている。フォーレの中期を代表する傑作。

Faure France ロマン派音楽 管弦楽 シンフォニックオーケストラ 素朴 情熱 繊細 卒業式
Release:2013/10  Update:2016/10 Play:6,413

フォーレについて(Gabriel Urbain Faure)

幼い頃から教会のオルガンに触れるうちに天性の楽才を見出されパリの宗教音楽学校に通い、1861年からはサン=サーンスにピアノと作曲を師事。1865年に卒業後、パリのマドレーヌ教会でオルガニストとなった。1871年にはサン=サーンス、フランクらとともにフランス国民音楽協会の設立に参加している。


close

楽曲検索

Loading…