note Massenet:Meditation from Thais

マスネ

タイスの瞑想曲 歌劇「タイス」の第2幕第1場と第2場の間奏曲

マスネ(1842〜1912)

フランス

ロマン派音楽

歌劇「タイス」(1894年初演)の第2幕第1場と第2場の間の間奏曲。その甘美なメロディーによって広く知られている。 本来はオーケストラと独奏楽器(ヴァイオリン)の形であるが、室内楽編曲も多い。

Massenet France ロマン派音楽 歌劇 バイオリンとオーケストラ 素朴 おごそか 美しい クリスマス 卒業式
Release:2013/12  Update:2013/12 Play:9,639

マスネについて(Jules Massenet)

オペラの作曲でよく知られ、その作品は19世紀末から20世紀初頭にかけて大変人気があったが、後にほとんどの作品が忘れ去られてしまった。最近になり時折リバイバルが起っている、その中でも、特に「マノン」と「ウェルテル」は、発表以来途切れることなく上演され、また、バイオリン独奏とオーケストラで演奏される「タイスの瞑想曲」は殊に有名である。



close

楽曲検索

Loading…