note Brahms:Clarinet Quintet 1st Mov. op.115

ブラームス クラリネット五重奏曲 第一楽章

ブラームス(1833〜1897)

ドイツ

ロマン派音楽

ブラームスの晩年に完成された、代表的な室内楽曲の1つ。歌曲的な雰囲気に満ちたハーモニーとメロディ、柔軟な旋律線のすべてをクラリネットが担当し、これが橋渡しとなって展開部へ進む。

Brahms Germany ロマン派音楽 室内楽 クラリネットと弦楽 牧歌的 優雅 甘美 落ち着き
Release:2013/12  Update:2013/12 Play:3,488

ブラームスについて(Johannes Brahms)

バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における「三大B」とも称され、ベートーヴェンの後継者ととらえる人もいる。交響曲と協奏曲では古典的な形式を採用し、「新古典派」という呼称で呼ばれることもある。

close

楽曲検索

Loading…