note JS.Bach:Fugue in G minor BWV578

バッハ

小フーガ ト短調 BWV578

バッハ(1685〜1750)

ドイツ

バロック音楽

同じト短調である「幻想曲とフーガ ト短調」(BWV542)との混同をさけるため、楽曲の規模からこの曲を「小フーガ ト短調」と呼ばれている。この「小フーガ」「大フーガ」という呼称は、BWV番号が存在しなかった時代の名残りである。4声フーガとして、数学的に精密に構成され対主題(固定対位句)を伴う。 ※この曲は、オルガン曲ですが、ここでは「弦楽四重奏」にしてみました。

JS.Bach Germany バロック音楽 室内楽 弦楽四重奏 素朴 気品 繊細
Release:2013/12  Update:2013/12 Play:4,295

バッハについて(Johann Sebastian Bach)

「音楽の父」とも称され、バッハ一族の中でももっとも偉大であるという意味で大バッハと呼ばれる。幅広いジャンルにわたって様々な技法を使い作曲をしたが、オペラは残していない。



close

楽曲検索

Loading…