note Kreisler:Schon Rosmarin

クライスラー

美しきロスマリン

クライスラー(1875〜1962)

オーストリア

ロマン派音楽

ヴァイオリンとピアノのための小作品。 甘美な旋律で始まり、中間部には愛らしい清楚なメロディー。主題は、主和音アルペジョと半音階のスピカートを組み合わせた軽快なもの。中間には、ヘミオラを活用してリズムに変化をつける。また、主題は、特段変奏もなく数回繰り返されており、時間調整も容易。リサイタル最後のアンコールピースとしてよく用いられる。 ※ロスマリンとは、ローズマリーの事で、愛や貞節を象徴し、愛らしい女性の愛称ともなっている。

Kreisler Austria ロマン派音楽 室内楽 バイオリンとピアノ 繊細 美しい クリスマス 入学式 結婚式
Release:2014/01  Update:2014/01 Play:5,565

クライスラーについて(Fritz Kreisler)

3歳の頃からヴァイオリンを習い始め、7歳で特例としてウィーン高等音楽院に入学、10歳にして首席で卒業し、その後、パリ高等音楽院に入学、12歳にして首席で卒業した世界的ヴァイオリニスト、作曲家。後にフランスを経てアメリカ国籍となった。ユダヤ系。 1962年、ニューヨークで交通事故に遭い、死去した。



close

楽曲検索

Loading…