note Mozart (W.A.):Concert Rondo Allegro

モーツァルト

ホルンのためのコンチェルトロンド 変ホ長調 K.371

モーツァルト(1756〜1791)

オーストリア

古典派音楽

1781年に作曲された単一のロンド楽章。 独奏部分は完成しているが、伴奏部分のスコアは未完成部分が多い。1989年、長い間紛失していた中間部の60小節の自筆譜が発見され、この曲の本来の姿がようやく判明したが正式なスコアを見つけるのは難しい。それ以前は、この部分を欠落させたまま補筆・録音されていた。「協奏風ロンド」、「コンサートロンド」などと呼ぶ場合もある。

Mozart (W.A.) Austria 古典派音楽 協奏曲 ホルンとピアノ 軽快 陽気 のどか 優雅
Release:2014/05  Update:2014/05 Play:3,380

モーツァルトについて(Wolfgang Amadeus Mozart)

古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人。5歳で最初の作曲をし、神童の演奏を披露、7歳の時の演奏は作家のゲーテに絶賛され、数多くの名曲を残し35歳の12月5日ウィーンにて永眠。



close

楽曲検索

Loading…