note Verdi:Dies Irae for Requiem

ベルディー(ヴェルディ) レクイエムから 「怒りの日」冒頭

ベルディー(ヴェルディ)(1813〜1901)

イタリア

ロマン派音楽

『怒りの日:Dies Irae(ディエス・イレ)』は、原題、Messa da Requiem per l anniversario della morte di Manzoni 「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」の中の一曲、このレクイエム中最も有名な旋律。 モーツァルト、フォーレの作品とともに「三大レクイエム」の一つに数えられると共に、「最も華麗なレクイエム」と評される。 怒りの日とは、キリスト教の終末思想の一つで、世界の終末の日に過去の全ての人間を地上に復活させ、天国に行けるか地獄に落とされるか、その生前の行いに審判が下される日。 テレビのCMや、バラエティー番組などでこの冒頭部分は盛んに使用されている。

Verdi Italy ロマン派音楽 レクイエム 合唱とオーケストラ 力強い 華麗 厳粛
Release:2014/11  Update:2014/11 Play:5,907

ベルディー(ヴェルディ)について(Giuseppe Fortunino Francesco Verdi)

イタリアオペラの作曲家。イタリア人の愛国心に共鳴する作品が多く、当時の人気はイタリア統一運動と共に盛り上がった。現代においても、多数の作品が親しまれているオペラ作家である。

close

楽曲検索

Loading…