note Mahler:Symphony No.5 4th mov. Adagietto

マーラー

交響曲第5番 第4楽章 アダージェット

マーラー(1860〜1911)

オーストリア

ロマン派音楽

弦楽器とハープのみで演奏される情感のある表現に富む名曲、もともとはマーラーが当時恋愛関係にあったアルマにあてた、音楽によるラブレターである。別名「愛の楽章」とも呼ばれる。 映画『ベニスに死す』の曲としても有名。東京駅のリニューアルのCMで使われた。

Mahler Austria ロマン派音楽 交響曲 弦楽器とハープ 優雅 せつない 卒業式 入学式
Release:2014/08  Update:2014/08 Play:9,715

マーラーについて(Gustav Mahler)

ウィーンで活躍した作曲家、指揮者。交響曲と歌曲の大家、ウィーンフィル、ニューヨークフィル、ウィーン宮廷歌劇場等の指揮者を務めた。 交響曲を10曲完成させたが、そのうちの9番目の『大地の歌』は、一般的な交響曲の様式から大きく外れた作品であったためと同時に、『第9番』を最後の大作として亡くなる人が多く、そのジンクスを気にして番号なしの曲にしたと言われている。



close

楽曲検索

Loading…