note Schumann:Symphony No.4 2nd. Mov. Ziemlich langsam

シューマン

交響曲四番 第二楽章 ロマンツェ

シューマン(1810〜1856)

ドイツ

ロマン派音楽

ロマンツェ かなり緩やかに。イ短調、3/4拍子、三部形式。 オーボエとチェロのソロにより、第一楽章の第一主題に基づく中世ロマンス的な旋律と序奏の主題を示す。中間部はソロヴァイオリンが3連符で流れるような旋律を奏で、静かに終わる。

Schumann Germany ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 繊細 ゆったり ロマンチック
Release:2014/08  Update:2014/08 Play:7,151

シューマンについて(Robert Alexander Schumann)

5人兄弟の末っ子で、薬指関節部分の腫瘍が元で指が動かなくなりピアニストを諦め音楽評論家、作曲家として生計を立てる。シューマンの旋律やオーケストラの楽器の重ね方、和声やリズムには特徴があり、近年まで様々な評価が絶えなかった。



close

楽曲検索

Loading…