note Mahler:Symphony No.5 5th mov.

マーラー

交響曲第5番 第5楽章

マーラー(1860〜1911)

オーストリア

ロマン派音楽

ホルン、ファゴット、クラリネットの牧歌的な掛け合いから始まる。 第1主題はホルンによるなだらかな下降音型、第2主題は低弦による細かいフーガ的な展開、軽快に舞うような展開部に入り、次第に力を増してクライマックスに向かい再現部に入り、勝利のコラールが力強く演奏され華々しく終わる。

Mahler Austria ロマン派音楽 交響曲 シンフォニックオーケストラ 力強い 牧歌的 優雅 優しい
Release:2014/09  Update:2014/09 Play:6,821

マーラーについて(Gustav Mahler)

ウィーンで活躍した作曲家、指揮者。交響曲と歌曲の大家、ウィーンフィル、ニューヨークフィル、ウィーン宮廷歌劇場等の指揮者を務めた。 交響曲を10曲完成させたが、そのうちの9番目の『大地の歌』は、一般的な交響曲の様式から大きく外れた作品であったためと同時に、『第9番』を最後の大作として亡くなる人が多く、そのジンクスを気にして番号なしの曲にしたと言われている。



close

楽曲検索

Loading…